自然観察系世界一周 うに丼日記

うにまるが世界をどーんと旅した自然観察系旅ブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【訪問国情報】10 クロアチア

=================
うに丼日記へようこそ!
はじめましての皆様→自己紹介です
カテゴリー別一覧をご所望の方→ここ
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村
=================



こんばんは、うにまるです( ´ ▽ ` )ノ



ヨーロッパの手配をいくつかしてみました。格安航空券を比較して提示してくれるアプリ「スカイスキャナー」は、日本語オンリーではなく、予約画面はそれぞれの空港会社のものなので、英語なのですねΣ(・□・;)




焦りましたが、なんとか無事、ロンドンからドブロブニクの飛行機が予約できました。全部で2万円くらいでした。



格安航空券は、荷物の料金や座席の予約料が別にかかるって聞いてましたが、なるほど少し仕組みが分かりました。




旅が終わるまでには、使いこなせるようになりたいものです。




さて、そんなわけで、今晩はドブロブニクがあるクロアチアという国について調べてみました。



クロアチア共和国









1.面積
5万6千平方キロメートル
2.人口
約440万人(2009年末暫定値)
3.首都
ザグレブ
4.民族
クロアチア人89.6%、セルビア人4.5%。そのほかハンガリー人、スロヴェニア人、イタリア人、アルバニア人など。
5.言語
公用語はクロアチア語(スラヴ語派)。セルビア語、ボスニア語とは、方言程度の違いしかない。文字はラテン文字を使用。外国語はドイツ語、英語がよく通じる。沿岸部ではイタリア語を話す人も多い。
「こんにちは」ドブロ ダン
「ありがとう」フヴァラ
「はい」ダ
「いいえ」ネ
6.宗教
ローマ・カトリックが88%、そのほかセルビア正教など。
7.通貨
クロアチア・クーナ
1Kn=100Lipa約15円
*チップ要
8.気候
内陸に深く入り込む地域は大陸性気候、アドリア海に沿った地域は地中海性気候。アドリア海沿岸は晩秋まで穏やかな気候が続き冬も肌寒い程度だが、内陸部の冬は寒さが厳しい。晴天率の高いアドリア海沿岸の夏でも、夜は風が強く肌寒いときがある。
9.治安情報(★が多いほど危険)
★★☆☆☆
クロアチアは周辺諸国と比べても治安はかなりよいが、日本人観光客の増加にともなって、日本人を狙ったスリや置き引き、ニセ警官詐欺なども報告がある。荷物は常に目の届く範囲で管理し、深夜の外出は控えるといった最低限の自衛策は常に必要。警察はポリツィアPolicija。
[犯罪の手口]
【スリ】バスやトラムなど公共交通の車内ではスリに注意。
【置き引き】ホテルのロビーやレストランでは置き引きに注意。荷物を置いたまま席を離れないように注意。
【偽警官】警官を装い、パスポートを提示させ、身体検査や財布の中身をチェックするなどと言ってお金をだまし取る詐欺。パスポートのコピーを持ち歩く、大金を持ち歩かないなどを心がけることが大事。
【地雷】セルビアと国境を接する東スラヴォニア地方や、ボスニア・ヘルツェゴヴィナと国境を接するクロアチアの中央陸部からザダルにかけての地域は、紛争地域であったことから、紛争当時埋設された地雷が残存している。主要道路沿いは、すでに撤去作業は完了しているが、山野や脇道などでは、まだ作業の済んでいない場所もあるので、廃屋や、舗装道路以外の場所には立ち入らない。
*警察92
10. 感染症など
危険感染症情報なし
救急車94
11.各種情報ページ
外務省wiki地球の歩き方
在クロアチア日本国大使館
電話: (385-1) 4870-650

12 クロアチアに関する独り言

またまた無知をさらすようで恥ずかしい限りですが、クロアチアが紛争の後に独立したのは1995年。まだ20年に満たないんですね。最近は観光地としてすっかり有名ですが、ユーゴスラビアの紛争はこの辺り一帯に深い傷跡を残していることを知り、ショックです。

だって、その頃、うにまるはすでに働いてましたからね。それなのに、全くといっていいくらい、そこで、何が起きたのかを分かっていない。どんだけ無関心なんだって話です。

今、ちょっと調べただけでも、相当なショックを受けましたが、行く前に知っておいて良かったです。自分には関係ないと、見ようとしていなかっただけで、世界では、今も戦争や紛争が起こっているんだってことに、今になって驚いています。

いや、ちょっとだけ言い訳しておくと、ニュースとしては、一応は知っていたんですよ。でも、それはあまりに遠い話だったんですね…。無関心って怖いです。とにかく、もう少し勉強しておこうと思います。

クロアチアの有名人一覧

◎うにまる的見所◎
(写真はネットから借用)


もともと、クロアチアに行こうと思ったのは、ヨーロッパの中でも自然が美しい国と聞いたからです。




特にここ。












すごくないですかっ!




このエメラルド色(((o(*゚▽゚*)o)))




階段状に形成された大小16の湖と92の滝でつながれた





プリトヴィッチェ湖群国立公園




もう、ここに一目惚れです。




広いヨーロッパ、どこへ行こうか決めかねていたとき、ここのことを知り、クロアチアに行こうと決めました。




で、クロアチアと言えば有名な…
















アドリア海の真珠





ドブロブニク




世界遺産の街です!





紅の豚とか、魔女の宅急便とか…、ここが舞台になってるの?みたいな噂がありますが、本当に雰囲気のある場所です。





やっぱりここも見ておかなくちゃっ…って、よくよく調べたら、ここってクロアチアの南端、しかもボスニア・ヘルツェゴビナに分断された飛び地なんです。けっこう移動が面倒だということが分かりました。


とにかく、イギリスでのホームステイのあとは、このドブロブニクから旅をスタートし、北上して、イタリア北部へ、そしてヨーロッパアルプスを散策して南仏に抜け、スペインにたどり着くという青写真が出来上がりました。




なかなか、うにまるらしいルートだと満足しています。



というわけで、明日はイタリアについて勉強しまーす(^O^)/





にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村
関連記事

| 訪問国情報 | 22:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://unidonworld.blog.fc2.com/tb.php/135-16338a96

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。