自然観察系世界一周 うに丼日記

うにまるが世界をどーんと旅した自然観察系旅ブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

費用概算

こんばんは、うにまるです(^o^)丿
気持ちはすっかり世界一周に向かっている今日この頃。

今回は、世界一周っていったいいくらかかるの?っていうお話

カメラ買うにも、パソコン買うにも、車買うにも、家を買うにも、そりゃあ、もう予算はピンからきりまで…。

世界一周って言っても、節約して、気力と体力の限界にチャレンジしちゃう人は100万もかけずに一周しちゃうみたいですね。1年で、100万円ていったら、日本にいたって、衣食住でそれ以上かかってしまうわけですから、思ったより庶民感覚なのかもしれません。もちろん、その間、収入が0になってしまうのが痛いんですけどね(+_+)

とはいえ、なんちゃってバックパッカーなうにまるが、そんな気力と体力の限界にチャレンジできるはずもありません。ここは20年間ためてきた貯金を一挙放出!!あとは野となれ山となれ…。
やりたいことにお金かけちゃう予定でいます。

どんなことにお金がかかるのかというと、

090911 (8)

まずは、移動に必要な航空券代。(この写真、去年行ったアラスか旅行からの帰りの飛行機からの撮影です!マッキンリー山かっこいいですよね)

航空券にもいろいろな種類があって、

「世界一周航空券」
(くわしくは こちらのHP )

なるものが存在します。
この航空券は、JRの「青春18切符」みたいに、いつどこでも乗れるというわけではありません。
あらかじめ、周遊のルートを組んで、それぞれの区間をばらばらに購入するのではなく、セット料金で購入するというものです。

ちなみにここでいう世界一周の定義は、

太平洋と大西洋を各々1回のみ渡って出発地に戻ること

となっています。

この夢のような航空券がいろいろな航空会社グループから発売されているわけです。ルートやクラスによってもお値段は異なりますが、安いものでは30万円代から手に入れることができます。ちょっとお高い海外旅行するお値段で、地球が一周できてしまうんですね。

うにまるが利用しようと思っているのは、イースター島にも唯一行くことができるという

「ワンワールドの5大陸周遊券」
そのお値段433,800円

ちなみに空港使用料および、燃料サーチャージが15万円ほど必要なのでトータルでは60万円弱です。
なお、ちょっとリッチな方でしたら、40万円ほどアップすれば夢のビジネスクラスも利用できます。空港ラウンジも利用できますし、これはかなりの破格!!もちろん、うにまるはエコノミー仕様です…(笑)

次に大口でお金が必要なのが、長期のツアー参加費です。これは、削ろうと思えば削れる費用なんですが、なんちゃってバックパッカーの本領発揮ですよね。

21208638.jpg

前回の記事にも書いたのですが、治安の悪い場所、個人では回りにくい場所というのが実に多いのが海外旅行です。そんな場所でもツアーでなら回れるかもというのが、アフリカ!!

この夏参加したイントレピットという会社が、
ケープタウンからナイロビまでのツアーを開催しています。
おもな見どころは、ナミビア砂漠、オカバンコデルタ、ビクトリアフォールズ、ザンジバル、ンゴロンゴロ国立公園、セレンゲティ国立公園など。サファリをキャンプで回る45日のツアーです。
(くわしくは こちらのHP )

こちらのお値段が、およそ43万円

このツアーは計画当初から考えていたもので、この夏の旅はこの練習だったわけなんですね。

d.jpg

そして、今回の旅を経て、さらに現在検討中なのが

南米の長期ツアー
(くわしくは こちらのHP 

エクアドルのキトを出発して、アマゾン、ナスカ、マチュピチュ、ウユニ、チチカカ湖を経由して、パタゴニアの入り口で東へ。ブエノスアイレスを経由して、イグアスの滝を見てリオデジャネイロまでと続く83日間の長旅です。

そのお値段、83日でおよそ73万円

こんなに長い期間集団生活ができるんでしょうか…。
今回は一人部屋だったけど、本来は相部屋が基本だし…。
せっかく滞在費の安い南米で、高いツアーを利用するってどうなんでしょう…。

悩みはつきませんが、きっと利用するんではないかと思います(^_^;)
だって、南米って英語すら通じないんですよっ。そんなところ一人で旅するの不安じゃないですかっ…。

しかも、このツアーのコースって、ほぼ計画していた通り!!
マチュピチュではインカトレイルも組み込まれています。インカトレイルっていうのは、天空都市まで、自分の足で登っていく、インカ帝国時代の道のことです。3泊4日かけて自力でマチュピチュを目指すこのルートは、きついけれど、人気のコースなんです。登ってみたかったんですよねぇ。ツアー後、少しは南米の様子が分かったところで行き足りなかったところを自分で回ってみようと思っています。

imagesCAJSX31P.jpg

で、どうせ行くなら、行っておきたいのが

まさかの 南極ツアー
(くわしくは こちらのHP )

南極って、今や一般人がツアーで行けてしまう場所だったんですね。
そのお値段、およそ38万円

日本からのツアーだと、往復の航空券含めて10日ほどで、100万円くらいかかるんです。
これだけでも、世界一周航空券使えば元が取れそうな気がしませんか?

ウシュアイアって南米最南端の町から船が出るんですって。もう世界の果ての果てですね。
観光客の増加による環境問題も深刻らしいんですけど、できるなら行ってみたいじゃないですかっ。
でも、この目で見ててみたいっ!!こういうい我儘が地球を汚しているんでしょうけどね(^_^;)

そのほかにヨーロッパを周遊するための
ユーレイルパスが およそ8万円
そして、忘れてはいけないのが保険です。
1年分の海外保険料が およそ12万円
これは、高くてもぜったい削れません。

あと、意外に費用がかさむのが予防注射代だそうです
お値段およそ5万円

それから、航空券と長期ツアーは代理店を通して購入予定なので
その手数料およそ6万円
これも削って、削れないことはない予算ですが、何かのときにはアフターケアにも応じてくれるというので、安心料ということで、ケチらないことにします。

…っと、ここまでで、ざっと240万円

節約派なら地球2周くらいできちゃいそうですね(^_^;)

ツアーを除く残りの日数の滞在費と観光費が3日で2万円程度と考え、お土産代、準備金などこみこみで

1年間にかかる費用は概算で 420万円

た、た、た、高い!!

ちっとも庶民的じゃありません(>_<)
どうなんだろう、こんな贅沢…。

やはり、ツアーにかかる費用と、途中で追加された南極旅行の出費がネックです。

でも、とりあえず子育ての予定なし、両親の介護の心配なしのわが人生。
去年、一応退職金ももらったしなぁ…。
シングルライフの最大の利点は、自分のためにのみお金を使えることですね(笑)

心配なのは老後のための貯金だけれど、帰国してからがんばって働けばまだ間に合うかな?
とにかく

ドーンッといちゃいますかっ!

これってやっぱり無謀な挑戦?

さて、次回は、夢実現に向けて始めた新たな取り組みについてのお話です。

不定期更新のうに丼日記ですが、何となく週末更新になってきたような…。次回も読んでくださると嬉しいです。
関連記事

| 世界一周への準備 | 11:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://unidonworld.blog.fc2.com/tb.php/14-cf5080ef

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。