自然観察系世界一周 うに丼日記

うにまるが世界をどーんと旅した自然観察系旅ブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マカオの路地からあの安宿集合ビルへ

=================
うに丼日記へようこそ!
はじめましての皆様→自己紹介です
カテゴリー別一覧をご所望の方→ここ
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
=================
こんばんは、うにまるです( ´ ▽ ` )ノ


いよいよ明日の夜はアフリカ大陸へ向けて出発ということで、今晩もちょっとリッチにお泊まりしてます。


シャンプーの香りに包まれてベットでごろごろしなが、のんびりブログ…。


かなりまったりしていますよぉ(*^_^*)



それでは、時を戻して、4月28日の日記からドーンといってみましょう!!









マカオで目覚めた朝。ホテルからの徒歩圏に、土産物と食が集まる路地があるというので、朝ごはんを求めて散策へ出かけました。











ここ、マカオはポルトガルの植民地だったこともあり、香港とはまた違った雰囲気を放っています。


このあたりでは、この薄緑色の壁をよく見かけます。










ほかにもカラフル。







残念ながら、朝はほとんどの店が空いていない様子。がっかりだけど仕方ない。

その分まだ静かな路地を探検。







おっ、美味しそうな店が空いていました!


地元の人が新聞広げている狭い店内を見つめることしばし。意を決して、乗り込もうとしたら…



お財布忘れちゃってましたーーー(笑)



寝るとき、セイフティボックスにいれたんだった(^_^;)



サザエさん的展開にあきれながらも、そして、お腹をすかせながらも、再び散策。ひもじい~!!


















この街もまた、信仰が日常に染みついているようです。アジアを旅するとよく見かける光景ですが、毎日欠かさず、お線香やお花を供えることが習慣になっているって、なんだかいいなって思います。うまく説明できないですけど…










ちなみにこの渦巻き




なんとお線香でした。煙が出てて気がつきました。これなら長時間もちそうですよね。



帰りはホテルのシャトルバスを利用して、フェリーターミナルへ。勝手がわかるって心強いものですね。







前日の食堂へ再び行っちゃいました。だって、お腹ぺこぺこでしたから。あと、パタカも使いたかったのでちょうど良かったです。






お粥が美味しくってあとを引きます。

このとき気づいたんですが、いくつもの国を周ると換金のロスが多くなりそうです。今回は運よくフェリーのチケットを買ったら小銭のみになりました。


さらに小銭も消化。残りは数十円といったところ。ナイス!





今回は入国カードも無事ゲット。書き方だって、チェックしてきましたからねd( ̄  ̄)






さて、ここからが大難関。

2日前に予約した宿が、実はあのチョンキンマンションの中にあるっていうΣ( ̄。 ̄ノ)ノ


深夜特急に出てくる沢木耕太郎氏が沈没したという、何やらいわくありげな巨大雑居ビル。いや、あれ読む限り、うにまるなんて近づきがたい場所じゃないですか。


だって、Booking.comの紹介では


「香港の賑やかな尖沙咀地区に位置するGolden Maple Leaf Guest Houseは、MTRの尖沙咀駅から徒歩5分です。エアコンと専用バスルーム付きの快適な客室、無料Wi-Fiを提供しています。

暖色照明が灯るシンプルな内装の客室は、窓付きの日当たりが良いお部屋です。全ユニットにケーブルテレビ、紅茶/コーヒーメーカー、シャワー付きバスルームが備わります。

併設フロントでは、外貨両替や荷物預かりなどの便利なサービスを利用できます。ツアーデスクのスタッフが、日帰り旅行と観光の手配を行っています。」



って、なってたんですよ。チョンキンマンション内にあるほかのゲストハウスは、紹介文にらそう書いてあったので、あえてそこは避けて予約したのに…(T_T)


しかもユーザーの口コミはとてもよい。

チョンキンマンションっていったら、無国籍で、退廃的で、悪質な客引きがうじゃうじゃいるっていう噂じゃないですか
Σ(゚д゚lll)


行きたくない~っ!





ところが、意外にも外観は小綺麗で、立派。アレ?私のイメージと違うぞって思ったんですが、中に入ると…


案の定、客引きが「No room?」とか「○○ゲストハウス…」とか声をかけてきますが、「No thank you」ってずんずん歩いていくと、特につきまとわれるでもなく、無理やり荷物を持たれることもなく、けっこうあっさりしてました。



ひびり具合を表すかのように、写真は1枚もなしです。狭くてごった返しているビルの中。いつまでもうろうろしていたら、再びカモになることは必至。



焦りながら、予約した宿へのエレベーターを探します。前にチョンキンマンションは、いくつもの棟にわかれていて、それぞれエレベーターが違うと書いてあったのを覚えていたので、住所にあった「E座12階」ってのを探します。



けっこう奥までずんずんと入り、ラッキーにも見つけることができました!







エレベーターには防犯カメラがついているんですね。しかもそれを監視している警備員もいるんです。ちょっと安心。



12階へ上がると、これまた何かで読んだ通り、ゲストハウスの入口と思われるドアには鍵がかかっていて、開けられません。






一瞬、途方に暮れたのもつかの間、チャイムみたいなのを押してみると、すぐに、3つ先のドアからフレンドリーなおじさんが登場しました。


その部屋がフロントらしいです。いきなり脇からのおじさん登場に警戒するうにまる。しかし、予約表にある自分の名前を見せられ、ほっと一息。


料金を支払うと部屋へ案内され、とても簡単な英語で、分かりやすく部屋の説明をしてくれました。片言の外国人に手慣れてるって感じ。






「日本の部屋に比べて狭いだろ」とか「シャワーはこのボタンを押すと10分間だけお湯が出るよ」とか、「チェックアウトはベットに鍵をおいて、閉めて出るだけだよ」とか、身ぶりも交えて一通り話すと、清潔なバスタオルを渡して去って行きました。








あれれ?



ここ、意外に快適かも…。







シャワーとトイレがくっつきすぎだけど、ピカピカだし。


なんていうか、必要なものがコンパクトにおさまっていて、狭さを感じさせないし、むしろすごくリラックス~!







そして、清潔なのが何より嬉しい。ユーザーの評価が高かったのも納得。





ただ、窓はないし、こんな入り組んだ雑居ビルでは、火災が起きたら逃げ場がないですよね(¬_¬)



あと、セキュリティは意外にしっかりしてるけど、押し入られたり、連れ込まれたりって考えると、やはり怖いです。


ま、そんなことは考えても始まらないので、この小さな城を満喫しましょう。


その前に、観光、観光。


ということで、香港でのミッション「旅の安全を祈る」を遂行したお話は次回の更新で!



*****************
世界一周ランキング驚きの30位圏内
↓ポチっと願いしま~す@ 'ェ' @
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
【1日1回有効】
*****************
関連記事

| 香港2013.4 | 19:54 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

実家ではネット環境がなくお邪魔できませんでした
久しぶりにまとめてみましたがたくさんの写真を見ながらわくわくしてます

サムより伝言・・・
NHKで土・日曜日にやっている『地球ラジオ』
予定がない時は家で聞いているのでたまには投稿して下さい
元気でいるのがわかります
・・・とのことです

余談ですが、久々に親戚が集まる場にでました
『サム』という呼び名が親戚中に浸透しているのには驚きました

| まんまみ~や | 2013/04/30 07:20 | URL |

まんまみ〜や様

お疲れ様でした。その会には出席できず、心苦しい限りです。たしかに「サム」って、ここ数年すっかり浸透してますよね(笑)
地球ラジオって存在を初めて知りました。

| うにまる | 2013/04/30 09:11 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://unidonworld.blog.fc2.com/tb.php/172-4a5234b0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。