自然観察系世界一周 うに丼日記

うにまるが世界をどーんと旅した自然観察系旅ブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

オレンジ川と砂漠地帯

=================
うに丼日記へようこそ!
はじめましての皆様→自己紹介です
カテゴリー別一覧をご所望の方→ここ
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
=================

こんばんは、うにまるです( ´ ▽ ` )ノ


毎日が盛りだくさんすぎて、日にちの感覚が薄れてきている今日この頃です。


それでは、5月5日の日記からドーンといってみましょう!!


この日の朝もさわやかに起床。テント生活といっても、広いし、マットレスがあるし、まったく問題ありません。



一緒にテントを使っているエマも、下手したら親子ほど年が違うのですが、とっても親切。




朝食は、なんと、朝からグレープを焼いてくれました。キャンプの朝に調理したものを食べられるなんて、なんて贅沢。バナナも嬉しい(*^_^*)



朝食のあとももちろん、フラップタイム。



みんなで皿を振り回したあと、うにまるたち5名はカヌーツアーへ出発。ほかのメンバーは午前中は休憩しているみたい。



このカヌーツアーの写真は現在アップできず、残念。






このオレンジリバーっていう広い川を9kmほどくだってくるツアー。参加者が奇数だったのて、うにまるは、ガイドと同じカヌーに乗ることに!ラッキー。


このガイドさん、南アフリカの出身。街のくらしは好きになれないから、カヌーのガイドをしにきているだそうです。



これもうにまるにとっては意外でした。これだけ大自然に囲まれていたら、チャンスがあれば、街に出たいと皆か考えていると思っていたのですが、そうでもないんですね。




外国人を理解しようと思ったとき、根底にある国民性を知ることはもちろんなんでしょうけど、やはり最後は各々のパーソナリティに尽きるんだなって思いました。


もちろん、こんな風にほんの一瞬の関わりで、相手を理解するなんてことは不可能なんですけどね。



それにしても、このガイドさん、実によく鳥や草の名前を知っていて、片言の会話でいろいろな生き物の名前を教えてもらいました。


意外にも日本と同じような動植物が多いことにも驚きです。



川岸を覆うヨシの群落。水中から顔をのぞかせるヒルムシロ系の種子植物。悠々と川を渡っていくアオサギ。羽を乾かすウの仲間たち。


あとアフリカンフィッシュイーグルっていうでっかい猛禽もいました。あとは、川の上空からフォバリンクしながら魚を狙う鳥を見たり…。



時々、イエローフィッシュっていう鯉くらい大きな魚が水面へジャンプするのも見かけました。



そんなわけであっという間の3時間。カヌーはゴールであるテントサイトに到着しました。





昼食は、マカロニサラダとパスタ。どうやら、ツアーの間は野菜不足になることはないようです。日本にいたときよりも健康的な食生活を、保証されました(笑)



午後はバスに乗り込み、次のキャンプサイトへ。



走り出したら、あたりはいきなり砂漠。ナミビアは国土の75パーセントが砂漠らしい。










しばらくすると広大なワイナリーが登場。




このワイナリーで働く人々のおうちが立ち並ぶ。これだけたくさんの人が働くほどの広大さ。どこの国でも、いろいろな生き方、暮らし方があるものです。



さらに走ると、また、景色が変わり、草食動物出現!!



まずは、スプリングボックっていう鹿の仲間。バスが近づくと、一斉に走り去っていきます。




そして、岩陰からシマウマ登場。



えっ、いきなりですか。こんな普通に動物たちが暮らしているのですかΣ( ̄。 ̄ノ)ノ



心の準備ができていないんですけどぉ~。



トラックバスの中も大興奮です。昨日までは動き回ることもできなかったけど、皆、立ち上がり、歩き回り、写真撮影に余念がありません。




ダチョウも普通にいましたからね。飼われているやつと違って、やはり近づくと、走り去っていきます。



残念ながら、今のところ動物の写真はゲットできていませんが、この目にはしっかり焼き付けました。




すごいぞ、ナミビア!!




この日は3時間ほどのドライブで、次のキャンプサイトへ到着。




砂に囲まれた乾燥地帯なのに、シャワーあり、プールあり…。なんだかちょっと考えさせられなくもない環境。これも大切な収入源なんだとは思うので、なんとも言い難い気分。実際、周辺に暮らす人たちの水事情はどうなっているんだろう?


この日は、このあとさらなるイベント「夕陽鑑賞ツアー」。



というわけで、そのお話は次の更新で(^O^)/


*****************
世界一周ランキング現在何位?
↓ポチっとお願いしま~す⊂((・⊥・))⊃
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
【1日1回有効】
*****************
関連記事

| ナミビア共和国2013.5 | 18:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ヤナギランな感じだね!

人の喜怒哀楽の感情が沸き起こるタイミングと対象は、そう大きくは違わない…文化が違ったり、習慣が違うと、湧きおこった感情の咀嚼の仕方や処理の仕方に違いはあるかもしれないしけどさ…

| ぴよよん | 2013/05/09 18:37 | URL |

ぴよよん様

ヤナギラン…

あのときは、笑って見ていたけど、今はわたしがそんな感じです。乗り移られているのかも(笑)

| うにまる | 2013/05/09 20:32 | URL |

待ってました[e:734]

うらやましい~の連続です
更新楽しみにしてま~す

| 安全第一 | 2013/05/09 21:22 | URL |

安全第一様

ここから、ますます感動の毎日。お楽しみに!

| うにまる | 2013/05/10 21:37 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://unidonworld.blog.fc2.com/tb.php/188-17088882

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。