自然観察系世界一周 うに丼日記

うにまるが世界をどーんと旅した自然観察系旅ブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アレ飲んで、アレ食べて、いろいろ考えた話

=================
うに丼日記へようこそ!
はじめましての皆様→自己紹介です
カテゴリー別一覧をご所望の方→ここ
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
=================

おはようございます、
うにまるです( ´ ▽ ` )ノ


今日から再び、Wi-Fi環境があやふやですので、コメントなど、読むのが遅くなると思いますので、ご了承ください。


それでは、5月9日後半のお話をドーンといってみましょう!!


ナミビアのリアルを知るタウンシップツアー。



観光客が集まる地域ではなく、普通に人々が暮らしている場所を訪れました。






この集落に3000人が暮らしていると言います。



まずは、その台所事情を見学。(写真は後日アップする予定)




ドーナツみたいな食べ物や焼いた肉、煮込みなんかを売る出店がにぎわう一角。毛もむしってない牛の頭まで焼いてましたが、普通のお肉も焼いていました。


煮炊きは、大型の缶詰めの缶を再利用。



魚の干物を作っていたり野菜や乾物なども売っています。歯ブラシの木とか。





そして、




出たーーー!




いきなり、昆虫食ですか?
乾燥芋虫Σ( ̄。 ̄ノ)ノ




量り売りのようで、ツナ缶サイズの缶に山盛り1杯で100円程度。けっこういいお値段です。うにまるたちが見学している間にも売れていました。人気です。




そして、隅の方には床屋。立ち飲み屋だという小さな小屋には男性陣がぎゅうぎゅう詰め。



飲んでいるのは、手作りビール。器は、これもリサイクル。駄菓子屋のお菓子が入っているプラスチックの広口瓶みたいなやつ。



差し出されたので、意を決して飲みました。お腹をこわしたら、それまでです。全員で回し飲みだし…(^_^;)




レモネードみたいな味。舌にピリッときます。




続いては、住宅事情。
















廃材を利用した家が立ち並びます。




水道は各家庭にまでは行き渡っていないので、共同の水場が所々に設置されています。ちょうど水を汲みにきていた若いお母さん。タンク2杯分が1日に使う水の量なんだそうです。







機械に端末のついたスティックを差し込むと水が使える仕組み。プリペイド式なんだそうです。



ガスも通っていないようです。




とはいえ、iPhone片手に、玄関口に佇む人や、新品の自転車に乗っている人など、生活水準はそれなりにキープされているようにも見えます。インターネットカフェと書かれた小屋も発見。



家庭菜園だってありました。








砂をよける必要があるから、囲いの中なのかな?




集落内には立派な病院もありました。
政府からの補助もこの街全体にでているようです。





もっともこの集落の中にも格差は存在し、廃品だけでできた小さな家から、ちゃんとかべのあるやや大きな家まで、それぞれです。



ただ、このツアーの中では、荒んだ雰囲気を感じることはなく子どもたちも元気。道端では、走り回ったりボールを蹴ったりする子どもたちの姿。笑顔でいっぱいです。子どもが元気なのはいいですね。








そのあと向かったのは、小さな孤児院。そう呼んでよいかは分かりませんが、両親がHIV感染者で、ここにひきとられているようです。









アフリカでは、エイズは深刻な問題。人口が減少している国すらあります。




2つのベッドルームに17人が暮らしているという現状。やはり厳しいものを感じます。ナミビアの民族衣装を着て見せてくれました。




最後にガイドさんの家へ行き、食事が振舞われました。









これは、そばがきみたいな、味のない食べ物。ポリジっていってたかな。このあたりの主食のようです。






お肉と野菜、それからパン。





そして、















ここで再び、幼虫ーーーΣ( ̄。 ̄ノ)ノ




昨年、クモと蚕の蛹にはトライしたうにまる。当然、出されたものは食べないと…








やはり、外骨格の生き物は、幼虫といえど殻があるので、桜海老の感覚です。一度味をつけてから乾燥させているようで、スパイシー。



外見を考えなければ大丈夫かも。大切な栄養源とさして重宝されているのもわかります。








完食ーーー!









そしてナミビアのゴスペラーズが登場。なかなか洗練されたグループで、いい声が響きます。学校で音楽を先行しているそうです。



この歌もそうなんですが、途中、何ヶ所かお金を落とすことを目的に組まれたプログラムがありました。孤児院の寄付とかね。でも強制感はなし。



ツアー費用自体も、この街にある程度落とされているようで、なかなか前向きで、よい商売を考えたものだと思いました。



需要と供給が、それぞれに成り立っているのは悪くない気がします。人々の暮らしに土足で踏み込んでいる気もしないでもないですが、ギブ&テイクが成り立っているなら悪くないかも…



だって、何より、こうやって自分の目で見て、体験しないことには、なにもわからないままですからね。ほんの一瞬、立ち寄ったくらいで何かがわかるとも思っていませんが、日本では見ることのない世界を体験し、いろいろ考えることがありました。格差が生まれるナミビアの社会的背景とか、教育事情とか…。




たぶんこれから先も、世界の日常に触れるたび、いろんなことを考えるんじゃないかと思います。



なかなかうまく伝えられないけど、自分の目で見て、感じたことを発信していこうと思います。




とりあえず、

うにまる、芋虫3匹完食!


また新しい扉が開かれた気がします(笑)





*****************
世界一周ランキング現在19位
↓ポチっと願いしま~すU^ェ^U
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
【1日1回有効】
*****************
関連記事

| ナミビア共和国2013.5 | 06:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

昆虫食かぁ…。
食べてみないとなんとも言えないけど、かなり勇気がいるなあ。
イナゴの佃煮には全く抵抗ないし、好物だけど、幼虫はなあ…(^-^;) 中からプニュって出てこないの!?

| 委員長&ガラパ | 2013/05/17 19:13 | URL |

元委員長&ガラパ様

何をおっしゃいますか。この場にいらっしゃれば、まずいちばんに率先して食べているはずです(笑)ちなみにぐにゃっとはしていなかったです。乾燥してるからですかね?

| うにまる | 2013/05/19 22:00 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://unidonworld.blog.fc2.com/tb.php/199-a79c1704

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。