自然観察系世界一周 うに丼日記

うにまるが世界をどーんと旅した自然観察系旅ブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

多国籍ツアーに合流

おはようございます。うにまるです( ´ ▽ ` )ノ

さて、今朝は、多国籍ツアーに無事合流できたお話。



合流したビエンタイホテルは、バックパッカーの聖地としても有名な、あのカオサンロード

…の1本わき道にあります。

早めに到着したので、散歩に行こうと思ったら、スコールがきて立ち往生したときのもの。ものの10分程度の雨でしたが、雨上がりは一気にむわっとした空気に包まれました。

とても賑やかな通りで、昨夜は日付が、変わっても賑やかな声と、音楽が響いていました。部屋の中にいてもバーで飲んでいる気分でした。実は今も飲んでいる人たちの声が聞こえます。



いよいよ本題。

18時にロビー集合ということで、5分ほど前に行ってみると、一番乗りで、ツアーリーダーのリーがすぐに声をかけてくれ、無事に自分がツアー参加者であることを告げることができました。

あえて、挨拶できたとはかかないでおきます(^^;;

ほんと、会話のごく一部しか理解できないんですよね。それでも、リーはとてもていねいに話してくれるので、まだ分かりやすいです。

参加者は8名。
そのうち、夫婦が2組、友達同士が1組、残りがわたしを含めて2人ということでした。どうやら1人参加が多いこのツアーでは珍しいパターンのようです。

1人参加の二人にはシングルルームを配当してくれたようで、これは正直、ホッとさせられました。相変わらずの軟弱ぶりです(^^;;

そんな話をしていると、もう一人の参加者、カナダから来たビクトリアがやってきました。名前と出身くらいしか、会話が成立しなくて…
そして、続々と人々が集まり、ますます、英会話が頭上を飛び交います。

その後、場所を移して旅の概要を説明されます。写真のバックと、ガイドブックをもらいました。

途中、自己紹介とかしましたが、英語が苦手なわたしの話は、みんなが見守ってくれる雰囲気で聞いてくれ、励まされました。まあ、一人だけ特別扱いなかんじですよね。でも、それに甘えて、10日を過ごすことになりそうです。

子どもの頃、みそっかすって、あったじゃないですか。あんな感じです。数いる従兄弟の中で、いつも、みそっかす的存在だったことを思い出しました。

リーはカンボジア出身で、特にカンボジアの暗い歴史について、熱く語っていました。何をいっているかは分からなかったけど、ポルポト時代の爪痕は、まだまだ生々しい記憶に違いありません。リーも12人もの兄弟の中で、努力を重ねて今の仕事を掴み取ったんだと思います。笑顔がとても素敵な穏やかな青年です。

話しかけやすく、粘り強く、しかも笑顔ではなしをきいてくれるのでよかった(*^_^*)

それから、うにまるに英語の先生ができました。ステファニーとイギリスの女性です。落ち着いた雰囲気の素敵なご夫婦で、いろいろと気を使って声をかけてくれます。

フリートーク展開中の夕食の席で、うにまるが、「今自分は英語学校にいるみたい。ただで英語勉強中」みたいなことを言ったら、通じたみたいで、ご主人のマッチ(?)が「じゃあ、ステファニーが先生になってあげればじゃない」みたいなことを言ってくれて、師弟関係がむすばれました。

自己紹介で紹介した「旅の指差し会話」やスマホアプリの「英和&和英辞典」も役に立ち、なんとか、場を壊さずに過ごせているかな…。

今日は、カンボジアにむけ、ひたすらバスで移動です。昼過ぎに国境らしいのですが、手続きがうまくできるか、これまた不安。

でも、仲間もできたので、ドーンとがんばってきますね。では、行ってきま~す( ´ ▽ ` )ノ
関連記事

| タイ2012.8 | 06:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://unidonworld.blog.fc2.com/tb.php/23-6830f7c2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。