自然観察系世界一周 うに丼日記

うにまるが世界をどーんと旅した自然観察系旅ブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

やっぱり迷いました(>人<;)

=================
うに丼日記へようこそ!
はじめましての皆様→自己紹介です

ブログランキング・にほんブログ村へ
=================

おはようございます、
うにまるです( ´ ▽ ` )ノ





リアルタイムでは、予定になかったオーストリアに来ています。気ままにふらふら…。なかなか楽しいものです。







それでは、7月8日の日記からドーンといってみましょう!!





本日は、一人山行。本来、山とか海とかは、複数行動が望ましいのでしょうが、いたしかたない(^_^;)







しかもまったく知らない土地だし、地図だって観光案内所でもらった簡単なものしか持ってないし…







完全に山を舐めていますね。すみません(^_^;)















でもこれから目指すトリッチーメの周遊ルートは超人気コースのようで、たくさんの人が歩いているので安心。














それに何より、この辺りのトレッキングルートの整備のされ方ときたら、ほんと半端ないくらい素晴らしいです。























ルートにはすべて番号がついていて、標識も所々にあります。







それに、実は途中までは、ひさえさんがついてきてくれました。







バスの乗り換え地点で、写真を撮っていただいたり、「あの小屋から先は急な下りがあって、また登って…」って詳しく教えてくださったり…。































右奥に見えている赤い屋根が最初の目標地点です。








一緒にきれいな景色も眺めました。























もう、ほんと、どうなっちゃってるんだろうかと目を疑うような絶景の連続ですからね。
















こんな可愛らしいひとコマも!














ここの雪渓はピンクがかって見えるんですけど、なんででしょう。





さ、いよいよ一人歩き開始です。

























花がたくさんありすぎて、なかなか先へ進めません(人が多すぎてレインボーブリッジ閉鎖できません…な感じでお読みください)。






ちょっとマニアックに花の紹介(笑)










ヨーロッパイワカガミ









ドロミテツガザクラ








ヘンテコタンポポ




お分かりとは思いますが、

名前はすべて勝手に命名


しています。






一応、立て看とか撮影してみたんで、あとでゆっくり調べようと思っています。












↑こんな感じ


でもどなたか詳しい方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えてください。






またまだたくさん咲いてましたよ。









もじゃもじゃ









ピカピカ









黄豆









コバルト










チョウノスケモドキ








タカネシバザクラ





センスのかけらも感じられません(笑)







でも、これ、ふざけてるわけではなく、こうやって名前をつけておくと、親しみが湧いてくるし、識別もしやすくやりす。







さてさて、ようやく小屋が近づいてきました。












小屋の周りを飛び回る鳥たち。












黒っぽい鳥でした。




ここから先は、少し急な下りがあって、再び登るはず。








あれ、なんかトレッチーメが遠ざかって行くんですけど…。







はい、やっちゃいましたー。









これだけ標識あって、人もいるのに、どうやら道を間違えたようです
(ーー;)





なぜ?






仕方がないので引き返しました。1時間弱のロスタイム…






ちょうどお昼なので、 トレッチーメの雄姿をながめながら、お昼ご飯といたしましょう。雲が切れて、それはそれは素晴らしい姿。












記念写真を撮る人たちも切れ間がなかったですけどね。













トレッチーメという名前も数字から来ています「トレ」は数字の「3」



さて気を取り直して、下って、登って…。














どうやら最初の分岐を見逃していたようです。一時は諦めて、来た道を戻ろうかとも考えていたのですが、どうやらいけそうです。




最終のバスまではまだ4時間あるから大丈夫d( ̄  ̄)







下りきったところは草地になっていて、そこに真っ白な石を並べて、たくさんの名前が書かれていました。














おもしろ~い!!







これ、他の場所でも見かけたので、うにまるもやってみたいなと思いつつ、やはり自然に手を加えるのはいかがなものかと思い直しました。











木に名前を彫るのと違って、実質的なダメージはないのでしょうが、自然は自然のまま、可能な限り人の痕跡を残さないのがマナーというものかな?








さあ、いよいよ登りです。













これがけっこう急勾配なうえに、じゃりじゃりのがれ場。足元が滑る、滑る。











よく見たら、皆さんかなりの装備ですね。







うにまるは今回ローカットの簡単なハイキングシューズです。








やっぱり山を舐めていますね(^_^;)









とはいえ、ゆっくり登っているうち、あっという間に登りきっていましたよ。








ハイマツですかね。この辺りはガレガレの岩場。











慎ましく咲く花々の鮮やかな色。



























これは、キバナノコマノツメにそっくり。花の大きさは小指の爪よりずっと小さい花でした。






写真を撮るふり(実際に撮ってるけど)して、休み休み進みます。








ようやく次の次の小屋が見えて来ました!














真ん中右寄りに屋根が見えますか?






小屋の前には小さな川。















おじさんに、川を入れて撮ってねって頼んだのに、川は右端に切れちゃってますね。













英語は難しいです(笑)







ここまで来ればばあと一息。どうやら2時半のバスに間に合いそうなので、少し急ぐとしましょう。









山道にもずいぶん慣れ、勘も戻ってきたようです。勘ていうほどの山経験があるわけではないですが、学生時代に尾瀬を歩き周った経験は、それなりに体に染み込んでいるようで、そんな自分に驚きました。







切れ込んだ谷間とか、迫力ありすぎるので勘弁してください。













あと少しっていうところで、油断して怪我をしないよう、気を引き締めつつも、バス停への急ぎます













見えました!





ばすです!












途中、道を間違えるというハプニングもありましたが、どうにか自力で1周できました。











これが、トレッチーメの裏側です。





明日はこの街に別れを告げ、オルティッゼーイというまちへ移動です。



*****************
日本ブログ村ランキングと言うのに参加しています。ボタンを押すと、それぞれの部門のブログの一覧のページへ飛び、うにまるに得点が入ります。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

どちらを押しても、何回押しても1日に10ポイントずつ加算される仕組みです。
よろしければ、ご協力お願いしま~す
ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
*****************
関連記事

| イタリア 2013.7 | 06:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://unidonworld.blog.fc2.com/tb.php/296-60229683

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。