自然観察系世界一周 うに丼日記

うにまるが世界をどーんと旅した自然観察系旅ブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

童話の世界で馬車に乗る!

=================
うに丼日記へようこそ!
はじめましての皆様→自己紹介です

ブログランキング・にほんブログ村へ
=================

こんばんは、うにまるです( ´ ▽ ` )ノ




今日の訪問地はチロル・アルプスのクライマックスですよぉ~。うにまるの中ではベスト1。





それでは、7月16日の日記からドーンといってみましょう!!





この日は、出発前から行こうと決めていた「フェックス谷」という場所を目指します。




時が止まったような昔ながらの村をのんびり歩けるんだそうです(*^_^*)




まずはバス停へ。









この看板アレを思い起こさせますね。






そうですよ。アレです。












コレね(笑)





そんな話はさておき、バスに揺られること30分。シルスマリアの村へ到着です。

































うっわぁ~!





出発地点からしてかわいい(≧∇≦)







見てください!












馬車がとまってますよぉ~





この辺りは限られた村人以外は車の乗り入れが禁止されていて、観光客は歩くが馬車に乗るかの選択肢しかありません。なので馬車の需要はかなり高いのです。馬車が普通の交通機関。














今日のルートは同じ道を往復なので、せっかくだから、馬車に乗ろうかなと思ったのですが…






すでに予約でいっぱいなんですって
(>人<;)


























で、川沿いから始まるこの道を、のんびり歩いて行くことにしました。






歩く人、自転車に乗る人…。
だんだんと道は田舎道に。











牧草なんでしょうか。刈り取ったあとの草いきれが五感を刺激して、どこか郷愁を誘われます。

























う~ん…いいですねぇ…





点在する小さな村々。シャンシャンシャンと鈴の音を響かせて走って行く馬車。清らかな水を満たした水飲み場。






中世にタイムスリップしたような、童話の世界にまよいこんでしまったような…。

























あたり一面、延々と続く花畑






あ、ハイジとペーター?














途中で、休憩していたご夫妻に呼び止められ、イチゴをいただきました












マウンテンバイクを乗り回すこちらの、ご主人はなんと62歳Σ(・□・;)












ヨーロッパの人たちはホント遊び上手なんだなって、感心しちゃいます。「若い頃は、あの山のちょうじょうから…」なんて武勇伝を聞かせていただきました。






























小さな教会や森の小道をぬけ、だんだんと氷河が近づいて来ました。



























ここがフェックス谷です。














このイブキトラノオをピンクにして、少し大きくしたような花が一面に咲いていました。





まるで、ピンクの絨毯!












フェックス谷には1軒宿があり、馬車はここまで来ています。














乗れないと思うと、何としても乗りたくなるのが人情で、再び交渉。





これは、乗り合い馬車なので1人でも気兼ねなく利用できます。シルスマリアまでは20スイスラン(2000円)。他に貸切馬車もありました。







で、今回は1時間後の便の席があいているとのことで、早速予約。予約って言っても名前を聞かれただけですけど(笑)



ちょうどお昼なので、近くの石垣で昼食。




























あんまりにも気持ちがいいのでお昼寝。空は快晴!!





のんびりしていると、チョウがやってきました。













そして、いよいよ馬車に乗り込みます。













お願いしてみたら、この席に座れました。何でも聞いて見るものですね。ここからの景色は最高でした
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆






























アルプスにいるのに、何故か気分は「赤毛のアン」(笑)
覚えていますかアニメのオープニング





そして、御者のお兄さんが、なかなかの男前。












しかも好青年なんですよ。人とすれ違う時とか、車とすれ違う時に、交わす言葉少なめだけど穏やかなやり取り。












この村の素朴さがぎょうしゅくされたかのような雰囲気がたまらなく心地よかったです。
























歩けば2時間ほど(うにまるタイムは3時間)ほどの道のりを、1時間ほどでシルスマリアに到着。





今日のことは、本当に夢の中の出来事のようで、最高の思い出になりました。




スイスに行こうと思う方は、ぜひ、フェックス谷へ!!


*****************
日本ブログ村ランキングと言うのに参加しています。ボタンを押すと、それぞれの部門のブログの一覧のページへ飛び、うにまるに得点が入ります。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

どちらを押しても、何回押しても1日に10ポイントずつ加算される仕組みです。
よろしければ、ご協力お願いしま~す
ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
*****************
関連記事

| スイス 2013.7 | 18:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

走っても走っても〜終わらない花の波〜♪
湖は遠く もえる雲〜はもおおっととおくうううう♪

| はと | 2013/07/21 08:40 | URL |

はと様

そうです、気分はソレでした!
赤毛のアンのオープニング!!
馬車の形は違うけどね。

| うにまる | 2013/07/21 13:44 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://unidonworld.blog.fc2.com/tb.php/314-ebef6ac6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。