自然観察系世界一周 うに丼日記

うにまるが世界をどーんと旅した自然観察系旅ブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夜明けのお城と昼間のお城(追記あり)

=================
うに丼日記へようこそ!
はじめましての皆様→自己紹介です

ブログランキング・にほんブログ村へ
=================

こんばんは、うにまるです( ´ ▽ ` )ノ





この記事18時にアップしたのですが、そのときに間に合わなかった後半の話も追記してあります。




リアルタイムでは、ヨーロッパの、最終地点マドリードへ到着しました!
再び日本人のお宅にホームステイ。ここでゆっくりと体を休めて、来月からは南米へ。観光よりも写真の整理、今後の予定などをしながら過ごす予定です。





それでは、7月23日の日記からドーンといってみましょう!!





今、ヨーロッパは例年になく猛暑続きのようで、うにまるもへろへろ。




でも、早朝のカルカソンヌは涼しくって最高。ドミトリーのベッドをそーっと抜け出し、朝日を見にやってきました。






そうしたら夜明け前の空にお月様がぽっかり。












うわぁ~っ(>人<;)












昨日の夜も来てみればよかったぁーーーっ。





お城にお月様なんて、きっとロマンチックな光景だったに違いありません。妄想~~~。






ま、夜明けのなんともいえない静けさと朝もやも最高なんですけどね。




































この景色、ほぼ独り占め!





ちなみに街の中は、開店準備のために荷を運ぶ車や、掃除をする村人たちによる正しい朝の風景が展開されてました。












朝日の登場によって、赤く染まる城壁。


















長い長いときの流れを見守ってきた、お城に今日も新しい朝がやってきました。
























人の気配のないひっそりとしたお城は、時が止まったかのようです。ミラクルハンマーでたたいちゃったのかな?





お城から見下ろす風景


























これまでどんな風景を見守ってきたのかな?







ゆっくりひと回りしても30分くらい。満足したので宿に戻って朝食。











焼き林檎と焼きオレンジが美味しかったです(*^_^*)





この先が追記です。





のんびりしてから外へ出ると、すでに城内は人であふれていました。





















今日は、8.5ユーロ払って内部を観光。











この中を見て回ります。



















内部には城の模型や、彫刻などが展示されていたり、映像が流れていたりしました。





























でも何より、城の内外をぐるぐる歩くことで城がよく見えます。























































実は、もう1ヶ所、外壁を歩くルートがあって、共通入場券が12.5ユーロっぽかつたです。気づかずに、片方だけの入場券を買ってしまったため、もう1ヶ所はカット(^_^;)





実際、暑くてバテてたし…
ちなみに、こちらも片方だけで買うと8.5ユーロです。




ひょっとしたら城内の街の様子とかが上から見下ろせたんじゃないのかな?






街の中は、お土産物屋さんと飲食店ばかりですけどね。































コスプレ用の鎧とか剣とかは子どもたちに大人気。女の子は花冠とかね。






で、お昼時だし、とりあえず食べておきますか













フランス南西部の伝統料理カスレ!





詳しくはWikipediaより抜粋↓




カスレ(仏:cassoulet、オック語:caçolet)はフランス南西部の豆料理。豚肉ソーセージや羊肉、ガチョウ肉、アヒル肉等と白インゲンマメを、料理の名前の由来にもなったカソール(カスールとも:cassole)と呼ばれる深い土鍋に入れ、長時間煮込んで作る豆のシチューあるいはキャセロールである。

地方により様々なバリエーションがあるが、有名なのはカステルノーダリのものとカルカソンヌのもの、トゥールーズのものである。カルカソンヌではヨーロッパヤマウズラのブレゼが加わる場合があり、フォアグラの名産地トゥールーズではガチョウのコンフィが加わる。この3つの地方の住民の間では、どれが本来のカスレかという議論が絶えないと言われている。日本のフランス料理店で良く見られる、ソーセージに鴨(アヒル)のコンフィという組合せも多い。 日本ではアンドレ・パッションのカスレが有名である。







うにまるが食べたのには、鳥肉とソーセージ(大きいやつを2つに切ってありました)が入ってましたよ。




















食べかけの写真で、すみません(^_^;)





もう美味しくて、とにかく食べたかったんですよね。ただ、とても食べきれない量でした。ソーセージとか写真に写っているので半分だし…。






ちなみにスーパーには豆を煮込んだカスレ缶がたくさんありました。





さて、満腹になったところで、次の宿泊地へ向かいますか。

*****************
日本ブログ村ランキングと言うのに参加しています。ボタンを押すと、それぞれの部門のブログの一覧のページへ飛び、うにまるに得点が入ります。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

どちらを押しても、何回押しても1日に10ポイントずつ加算される仕組みです。
よろしければ、ご協力お願いしま~す
ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
*****************
関連記事

| フランス 2013.7 | 18:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ポールのミラクル~

ポールのミラクル○作戦ですよね?
それなら、ミラクルハンマー → オカルトハンマー かと…

♪おかると おかると はぁんまぁ~ パックンたたきゃ 見てごらん~♪(エンディングテーマより)

オカルトなんて、恐ろしいネーミングですね
(~_~;)

| すぶた | 2013/07/27 22:50 | URL |

すぶた 様

私の中ではミラクルハンマーにすり替えられていました。何故オカルト!?
確かに歌って納得です(*^_^*)
それにしても、小ネタを分かってもらえるの幸せぇ〜

| うにまる | 2013/07/27 23:13 | URL |

補足

「ポールのミラクル○作戦」は、舞台設定は特にないそうですが、イタリアか南ヨーロッパあたりを参考にしてつくられているらしいです。

うにまるさんがもうすぐさよならするヨーロッパは、本当に石の文化が今も息づいていますよね。
お城が絵になりますよね~

| すぶた | 2013/07/28 12:45 | URL |

すぶた様

トリビア的な素晴らしき情報をありがとうございます!!
ヘェ〜、あの話はヨーロッパがモデルだったんですか。そういえば、ポールもニーナも、金髪でしたね。
石の文化、木の文化、その土地の自然と密着した人の暮らしが垣間見れるのはとても面白いなと思います。

| うにまる | 2013/07/28 20:44 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://unidonworld.blog.fc2.com/tb.php/328-ea4838c3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。