自然観察系世界一周 うに丼日記

うにまるが世界をどーんと旅した自然観察系旅ブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

スパイダーセンター

真夜中にこんばんは、うにまるです
( ´ ▽ ` )ノ

さて、今回は、深夜枠にふさわしい、ゲテモノ系のお話です。



スパイダーセンターは、国道沿いのドライブイン的な空間です。名前の感じで、勝手にミニ博物館みたいなものを想像していたのは間違いでした。

しかも、ここのシステムはなかなか商魂たくましく、蜘蛛より、そっちに驚いたくらいです(^^;;



スナックに行ったら、お姉さんがつくように、ここでは、一人に一人ずつ、子どもがお相手をしてくれます。

しかも、あの手この手と、根性で食らいついてきますから、一度くらいつかれたら最後、バスにもどるまで、運命共同体なわけです。

うにまるに限らず、ここで降りる人は、皆同じ運命。恐ろしいシステムです。



うにまるについたのは、笑顔がかわいい14才の女の子。

美味しいフルーツはいらないかとか、蜘蛛を触ったことはあるかとか、ひっきりなしに話しかけ、明るく迫ってきます。

コオロギを試食してみろと笑顔でゴリ押し。これは試食でいいからと、自分が食べて見せるから、つぎはお姉さんの番、…って言われても(^^;;



そこまで言われちゃったらね…、とりあえず格好だけでも食べてみようじゃないですか。コオロギなら、イナゴの佃煮と変わりませんし…。



続いては、いよいよアレの出番すよ。苦手な方は、今が引き返すチャンスです。

まずは、実物がやってきました。

毒はないから心配ないとか、大きいでしょとか、言いながらうにまるとの距離を次第に詰めてきます。

いやいや、ぜったい無理だから…



気づいたらうにまるも笑顔で、蜘蛛のブローチをつけてました。これ、本物ですよ、本物。



これが、食用の蜘蛛です。名前は不明。

食用って言っても、お店に並んでいる商品は、どう考えても食用とは思えませんね。





唐揚げ。下の写真、上段左からゴキブリ(小)、ゴキブリ(大)、コオロギ、下段中央が、小鳥とカエルΣ(・□・;)

せっかくですから、ゴキブリのアップでも見ておきますか?



ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

さすがにゴキブリを進めてこないあたり、客の心をよくつかんでいます。

彼女たちは、最終的に無難なフルーツを進めてきます。



散々、お世話になってるし、虫は無理でも、フルーツくらいならいいかなという気にさせられちゃうんですね。北風と太陽の太陽攻撃!!

お見事!!

彼女たちにとってこの仕事は、語学の実践にもなるのかもしれません。ひねくれた感じもなく、客との会話を楽しんでさえいるようです。

うにまるの勝手な想像ですが、彼女たちは、これからのカンボジアを支えていく人材になるんじゃないかな?

で、結局のところ、蜘蛛の唐揚げを、食べたかどうかかというと…。

そりゃ、食べたに決まっているじゃないですか。こんな機会は滅多にないですからね( ̄ー ̄)



スパイスの効いた甘辛いの濃い味なので、姿揚げでなけれは、蜘蛛って気づかないかもしれません。

パリパリしていてむしろおいしい?

でもね、見るからに蜘蛛の形ですからね。

ごめんなさい。足1本で断念しました。



だって目の前で実物がうじゃうじゃしてるし…(T_T)

この蜘蛛は近くの大きな穴にたくさんいるんだって言ってました。



彼女から1$で買ったフルーツと、甘くてレモンの入った緑茶。

ホテルでもらったお水も一緒におやつにしました。

こちらでは緑茶や烏龍茶は、紅茶と同じ扱いなんですね。

あらゆることにカルチャーショックな1日でした。

深夜に更新のよていが、睡魔に負けて朝の更新です。朝からゲテモノでごめんなさいm(_ _)m

次回は、夜のプノンペンについてのお話です。お楽しみに^_^
関連記事

| カンボジア2012.8 | 05:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://unidonworld.blog.fc2.com/tb.php/34-54061cd9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。