自然観察系世界一周 うに丼日記

うにまるが世界をどーんと旅した自然観察系旅ブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

リアルコスプレ!ゾウガメ編

=================
うに丼日記へようこそ!
はじめましての皆様→自己紹介です

ブログランキング・にほんブログ村へ
=================

こんばんは、うにまるです( ´ ▽ ` )ノ





お待たせしました。今回の記事はゾウガメの大きさがどれくらいかということに迫りたいと思います。





それでは、8月9日の日記からドーンといってみましょう!!







かとこさんが見つけて来てくれた内陸部の農園情報。昨夜、キッチンで声をかけたイスラエルからの女性2人組と一緒に出かけることになりました。






タクシーで行くので、人数多い方が安上がり!しかも楽しい。












ね。楽しそうでしょ!




この写真、かとこさんが自撮りしたやつを勝手に転載しちゃいました。
すみません(^_^;)






で、最初に向かったのが農場。ガイドブックなんかにはエル・チャットっていう所が野生のゾウガメに会えるエリアとして紹介されているんですが、現在は閉鎖されているようです。





その近くにある農場なんですが、名前は忘れちゃいました。






でも、ここすごいですよ。




っていうか、ここに行き着く前に、普通の道端でも、ゾウガメとご対面。なんなら道の真ん中に…。





ど~ん!













いきなり、これですから、テンションMAX振り切れちゃいますよね。





ガラパゴスでは人の方が小さくなって、はじを通らせてもらうんです。タクシーのドライバーさん、ゾウガメが道を塞ぐたび、苦労してました(笑)







で、農園到着。





























入園料3ドルには、バナナと貸し長靴代が含まれているようです。バナナはたまたまかも(笑)





それでもって、農園の敷地はカメ天国。これ、全部野生!!




































で、どれくらいの大きさかっていう話なんですが、うにまるが身をもって確かめて来ました!






これくらい大きいんです。







↓↓↓







↓↓↓












そうなんです、うにまるが楽々入れちゃうくらい大きいんですΣ(・□・;)






リアルを追求して、ウィンドブレーカーのフードもかぶってみましたよ(笑)






で、持ち上げてみたんですが、これが重くて一苦労。












体験して始めてわかる。ゾウガメって力持ち。













ね、ゾウガメってすごく大きいんですよ。







こんな比較もどうですか?












甲羅の中はこんな風になっています。






















こっちは、カメの骨です。












もう楽しすぎ!!





































この亀このあと立ち上がりました!














作り物みたいだけど、本物です!!





でも、これ、興奮しすぎて完全に2mルールを忘れています。ダメダメ観光客をやってしまいました(>_<)






て、いうかここ、皆こんな感じで写真をとっていました。だから、いいのかなあって思ったんですが、野生動物に2m以上近寄ってはいけないというルールは、諸島内すべてにおいてことだと、このあと知りました。居住区付近、つまりガイドが同行しない場所では、なかなか守られていないのが実態です。














かとこさんとか、何気に2mを、守っている感じ。













さすが!




よい子は、見習いましょう!!






せっかくタクシーをチャーターしているので、近くにある火山に由来する名所も回ることに。













ここは、溶岩によって作られたトンネル。





とってもきれいなアーチ型をしていることにびっくり。諸島内にはこんなトンネルがたくさんあるそうです。火山島何だってことを実感!






途中、狭くなっている所なんかもあって、ちょっとした探険気分を味わえます。ゆっくり見学して15分ちょっと。







































最後はロス・へメロスの陥没クレーター。大きな双子の穴ですが、大きすぎて、写真にはおさまりませんでした。





























落ちたら二度と上がってこれないような、巨大なすり鉢状の地形。取り囲む壁は絶壁。





そもそも陥没クレーターってものがよくわからないんですが、地下のマグマだまりに地面が落ち込んでできたってこと?







よくわからないからもっぱら、お遊び路線に。






これ、サルオガセの仲間











サルオガセが見えにくいので撮り直し(笑)













サルオガセっていうのは、地衣類なんだけど、木に引っかかって、空気中の水分で生きています。







なんだか、「かつら」がひっかかっているみたい。















ガラパゴス諸島内は霧が発生しやすいのか、このサルオガセの仲間がたくさんありました。





























そして、コケ類も!





























みんなで記念撮影!!












紹介が遅れましたが、うにまるの右隣がかとこさん、そして、右側二人がイスラエルからの2人組。






かとこさんのブログはこちら
トコトコかとこ地球をひとまわり





サンタクルス島にくる方にはぜひともオススメしたいこのコース。タクシーで3時間半ほど。お値段はタクシー1台の、チャーター料が30ドルでした。4人ならひとり、7.5ドル。




ガイドと行くツアーもあるようですが、タクシーの運転手さんも簡単な案内をしてくれます。






というところで今回のお話はおしまい。次回は海イグアナが群れる海岸をしょうかいしまーす(^O^)/


*****************
日本ブログ村ランキングと言うのに参加しています。ボタンを押すと、それぞれの部門のブログの一覧のページへ飛び、うにまるに得点が入ります。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

どちらを押しても、何回押しても1日に10ポイントずつ加算される仕組みです。
よろしければ、ご協力お願いしま~す
ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
*****************
関連記事

| エクアドル 2013.8 | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://unidonworld.blog.fc2.com/tb.php/359-2adeb981

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。