自然観察系世界一周 うに丼日記

うにまるが世界をどーんと旅した自然観察系旅ブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大昔の墓地でたくさんのミイラに会う

=================
うに丼日記へようこそ!
はじめましての皆様→自己紹介です

ブログランキング・にほんブログ村へ
=================

おはようございます、
うにまるです( ´ ▽ ` )ノ




実はこの間、そう、高山病でダウンした直後、初のホームシックになりました。正確にはホームシックでなく日本シック。






寿司屋のカウンターに座ってコハダの握りが食べたくなりました。






どうやって旅を早く終えようかとか、必死に考えちゃいましたね。







日頃意識していなかったけど、うにまるにも「ふるさと」があったことを実感しました(*^_^*)







もっとも、翌日にはそんなことけろっと忘れて、旅を楽しんでいるわがままな自分がいましたけど(笑)






そんなわけで、うにまるの旅はまだまだ続きます。




とりあえず、8月28日の日記からドーンといってみましょう!!










この日の朝はナスカ時代の墓地跡「チャウチージャ」へやってきました。














な~んにもないナスカ平原の真っ只中にあります。







ちなみにうにまるが指差しているのは山であって、墓地ではありません。紛らわしくてすみません(^_^;)














今日はこのあとたくさんのミイラが出てきますので、苦手な方はお気をつけください。






正直、うにまるもミイラとか苦手です。気持ちがいいもんじゃないですよね。眠りについた見ず知らずの方の骨を掘り出して、みんなでジロジロ見るのって…。あくまで個人的な見解ですが、そんな風に感じてしまうんですよね。





ただ、今回の見学で感じたのは、その保存状態の良さ。





では、紹介していきます。





まずは館内展示から。











ナスカのミイラはエジプトのように寝た状態で布にくるまっているわけでなく、基本的に座っています。死んだあと座った状態で袋状の布にくるまれてミイラ化しているようです。






ここで一通りミイラの説明をされたあと、屋外の墓地を巡ります。







墓地に着くと、こんな感じでミイラがおかれています。












一応屋根みたいなものがついているんですが、野ざらしですよ。












ミイラの周りには日用品や食べ物などが備えられていたようです。





二人並んでいたり…













小さな部屋に別れていたり…













みんな東向きに座っていました。生まれ変わりを信じて、新しい1日が始まる太陽の方を向いているのです。





写真はありませんが、食べ物として供えられたモルモットのミイラもありました。ペルー周辺ではモルモットは家畜であり、食べ物なんですね。あと、なぜかコンゴウインコのミイラとか…






無造作におかれた頭骨も…












こんな風に展示されていて、風化してしまわないのかしんぱいになります。




もっともこのあたりにはたくさんの墓地が点在しているものの、その多くは墓泥棒によって掘り返され、強い日差しの中にたくさんの骨がちらばっているとのこと。






雨が降らないから保存状態が抜群なんだそうです。





そんな風に雑に扱われていたものの一部がこうやって保護されたのかもしれません。






死後の世界のことは誰にもわからないことですが、何千年という時を経て、こんな風に人々の目にさらされるってのは、いったいぜんたいどんな気持ちなんでしょうか…。





まあ、死んだら何も考えられないってのがうにまるの考えなんですが、骨だけが残るっていうのも不思議なものです。






貴重な学術資料で、こうした発掘から多くの歴史が解明されていくわけなんですが、墓泥棒が先に荒らしてしまったということがいちばん残念です。






それでもこうした数々の遺骨や遺物が、過去を解く鍵になることは間違いなく、ミイラは苦手と言いながらも、ガイドさんの話を聞きながら、なかなか興味深い時間を過ごさせてもらいました。




これだけたくさんのミイラに出会ったせいか、なんだかすごく身近なもののような気がしてきました(笑)






それにしても、あの巨大な地上絵を描くほどの高度な文明をもっていたナスカの人々。その人々がこうやって生まれ変わりを信じて、数々の儀式を行っていたことがおもしろいです。





現代科学のように、なんでも解明されてしまう時代よりも、未知の領域を神に委ねていた時代の方が深みがある気さえします。











たくさんのミイラに会って、人間の探究心、知恵や技術、科学や神様についてなんとなぁ~く考えを巡らせた時間でした。













このあとはビーチサイドへ移動。仲間と過ごす楽しい午後が待っています!!そのお話は次回の更新で(^O^)/

*****************
日本ブログ村ランキングと言うのに参加しています。ボタンを押すと、それぞれの部門のブログの一覧のページへ飛び、うにまるに得点が入ります。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

どちらを押しても、何回押しても1日に10ポイントずつ加算される仕組みです。
よろしければ、ご協力お願いしま~す
ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
*****************
関連記事

| ペルー 2013.8 | 06:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

照れるなあ〜!
ホームシックかあ〜〜!(笑)

えへ!えへ!

コハダなんて食べてるとこみたことなかったけど…そんな生活してたんだね?? (゚o゚;;

| ぴよよん | 2013/09/13 13:02 | URL |

ぴよよん 様

うん。だからさ、正確には、ホームシックでなく、日本シックね!!

| うにまる | 2013/09/13 13:14 | URL |

二人並んでるのかわいいです。

ミイラたん可愛い♪

でもなりたくはないです。

うにまるさん気を付けてね!!

| sho | 2013/09/14 07:06 | URL |

sho 様

たしかに見慣れてくるとかわいいとすら思えてきます(笑)
日本でその辺に人の骨が落ちていたら大ニュースですよね。
ところで、shoさん、4ヶ月で3回も病院へ行くのは行き過ぎってもんじゃないですか?
…って自分も似たようなものでした(笑)
無事日本へたどり着きましょうね!

| うにまる | 2013/09/14 10:48 | URL |

食物アレルギーだったんですね。
でも、寝ていて治しちゃうんなんてすごすぎる!!
ミイラもリアルですね!
私も昨日まで(13~17)カナダにオーロラを見に行ってきましたよ。
オーロラは少しだけど見えました。
海外で言葉が通じないとなんと不安なこと!
向こうで世話してくれた日本人のスタッフのたくましさを見て
うにまるさんのことを思い出していました。

| いおかん | 2013/09/18 09:05 | URL |

いおかん 様

わっ、カナダ行かれたんですね(≧∇≦)
オーロラ、いいですね。ほんと言葉って。大切だなって痛感しています。もうすぐ4ヶ月たちますが、なかなか上達しません(^_^;)

| うにまる | 2013/09/19 08:23 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://unidonworld.blog.fc2.com/tb.php/404-5f4a68f1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。