自然観察系世界一周 うに丼日記

うにまるが世界をどーんと旅した自然観察系旅ブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アンデスにコンドル舞う、そしてうにまるも舞う

=================
うに丼日記へようこそ!
はじめましての皆様→自己紹介です

ブログランキング・にほんブログ村へ
=================

おはようございます、
うにまるです( ´ ▽ ` )ノ




昨夜は中秋の名月。今年も満月だったそうですね。昨夜はこちらの空にもぽっかりとまん丸のお月様が浮かんでいました。もっとも南米は秋ではなくて、これから春を迎えます。





それでは、9月1日の日記からドーンといってみましょう!!






日記の記事、ようやく9月に突入です。今回はコンドルを見に行ったお話。





あの有名なグランドキャニオンよりも深いと言われるペルーの大渓谷「カニョン・デル・コルカ」






ここには、コンドルが空を舞うために必要な強い上昇気流が常に発生する断崖絶壁があります。






大型動物の死肉を餌とするコンドル。1日に250kmも移動して餌を探してくることもあるとか。







そんな朝の出勤時間を狙って、その姿を拝みに行くのです。
























夜が明ける頃出発したバスはがたごと道を移動。寒いので、ダウンに手袋。






コンドルもさることながら、この40kmほどのドライブも絶景の連続。























コルカ川沿いの河岸段丘に広がるのは棚田です。



















美しすぎる風景。今は冬なので、ほとんどの田んぼは枯れ草色でしたけど、きっと春がくれば、緑に色を変えることでしょう。





がたごと道を揺れながら1時間ほど行くと、展望台に到着。



















コンドルはまだ、出勤前らしく、その姿は見えません。






とりあえず、待ちます。



























いや、もう、この景色を見られただけでもすでに満足。深い深い渓谷。真っ青に突き抜ける空。







寒さの中待つことしばし、にわかに周りがどよめきます。






コンドルの登場です。




























羽を広げると3mにもなるコンドル。その大きな体が上昇気流に乗って、弧を描きながらゆっくりと舞い上がります。






なんてダイナミックな飛翔。














黒と白のコントラストが鮮やか。成熟したオスのコンドル。おお~まさに看板と同じ姿。






最初は1羽だったコンドルが、2羽になり、3羽になり…。

































もう言葉もなく、その雄大な姿を目で追います。






頭の中では、あの曲がリピート。そうです。あの名曲「コンドルは飛んでいく」。まさに、ぴったり。















二つある展望台はどちらもたくさんの人で埋まっています。そんな人々のことなんて見向きもせずに、上昇しては下降を繰り返すコンドルたち。













最後は山々の彼方へと消えて行きました。















コンドルがいなくなったあともしばらくぼんやり景色を眺めていたうにまるたちですが、せっかくの雄大な風景。少しの区間ですが、自分たちの足で歩くことになりました。



























すごいでしょ?こんなところを歩いていたら、もうテンションあがりまくりです。






みんなでいっぱい写真を撮りました。










































あんまり楽しくって、年甲斐もなくジャンプしてみました。






どうですか?飛んでるように見えますか?











アンデスの山並みにうにまるも舞ってみたつもりなんですけど…(^_^;)






ま、前後の写真の方が面白かったけど















































おばさんだって、かっこよくジャンプしてみたいんですよ。でもなかなか難しいですね(笑)





あっ、ウニ丸の後方の山がアマゾンの源流らしいです。





















帰り道にサボテンの実を食べてみました。





























中は真っ赤でキウイフルーツみたいな味。ドラゴンフルーツの方がより近いかな?同じサボテンの仲間だし。






再び美しい棚田の風景。インカ時代に作られて、今も使われているらしいです。




























次回のお話はチバイの街で遭遇したお祭りの様子をお届けします。お楽しみに(^O^)/





おまけ↓



「うにまる危機一発!」


*****************
日本ブログ村ランキングと言うのに参加しています。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


よろしければ、ご協力お願いしま~す
ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
*****************
関連記事

| ペルー 2013.8 | 06:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

タイトル、長過ぎませんか?

うにまる、アンデスに舞う!

で十分表現されてませんか?

うにまるとアンデスと、ときどきコンドル…

とかもいいかも…

| ぴよよん | 2013/09/21 01:41 | URL |

ぴよよん 様

ダメ出しありがとう(^O^)/
文章もだけど、タイトルって難しいよね。
一応これ、コンドルメがインな記事ですから(笑)

| うにまる | 2013/09/21 05:55 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://unidonworld.blog.fc2.com/tb.php/414-dd0930a1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。