自然観察系世界一周 うに丼日記

うにまるが世界をどーんと旅した自然観察系旅ブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

真っ白なウユニ塩湖とサボテン

=================
うに丼日記へようこそ!
はじめましての皆様→自己紹介です

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
=================

おはようございます、
うにまるです( ´ ▽ ` )ノ






昨日カピバラとアリクイに会いました(≧∇≦)






それでは、9月21日の日記からドーンといってみましょう!!






ウユニ塩湖へは、一般のツアーと同じように4WDに分乗して出発です!












街を抜けると、荒涼とした平原が現れてきました。















風が強く、砂ぼこりをあげながら進んで行く車。







塩の工場が見えてきました。



















まずは、土産物屋のあるこの村で、塩の製造過程を見学。













まきをくべ、室内にある釜(?)を温め、塩を乾燥させます。


















そして袋詰め。ポリ袋をガスバーナーであぶって接着してました。なるほど…












ウユニの塩。このまま帰国なら買って帰りたいところです。














土産物屋にはこんなものもならんでいました。













ウユニ塩湖でトリック写真っていうのは、世界的なお約束のようです(笑)




さらに走ると遠くの島(山)の端が、浮いているように見えてきました。












これは自然が生み出すトリック現象。浮いて見えるのは白い平原にあるからなんです(だと思います)。







手前の白いのの正体が分からないのですが、これも不思議な風景。













お、白い!!










遠くに人の姿を発見!












うにまるたちも車を降ります。












足元、塩です。












目の前も塩です。











ジャジヤーン!












こんな景色を目の当たりにしたら浮かれずにはいられません(笑)













この辺りは水が染み出しているんです。












これね、海水なんですって。





ウユニ塩湖って、アンデス山脈が隆起した時、海ごと持ち上がってきちゃったんだそうです。






そのときの海水が蒸発して、塩の大平原を作ったわけなんですが、未だに海水が残っているようです。












大昔の海がここにのこっているなんて、なんかロマンチック。





そして、ウユニの平原は、まだまだこんなもんじゃなかったんです。




さらに車で進んでいくと、あたりはすっかり乾燥し、塩が作り出す模様が浮き出してきました。














おっ、この模様、ガイドブックで見たことあります!


















どこまでも続く白い世界を車は進んで行きます。










うわっ













うわっ












うわ~っ












方向感覚も、スピード感覚もなくなりそうな時間が10分、20分、30分…













こんな広大な海が、4000m近くも持ち上げられたって、想像を絶します。











塩湖って名前の印象もあり、ここまでのスケールは想像していなかったうにまるは、半ば放心状態でこの景色に魅入ってしまいました。







英語ではウユニソルトフラットっていうみたいなんですが、そのほうがまだピンとくる気がします。湖なんて、レベルではありません。








1時間ほど走ったでしょうか、目の前に大きな島が見えてきました。











インカワシ島です。島って呼ばれる理由が理解できました。

















多くのツアーが訪れる観光地。





この島、なんとサンゴでできているんです!!!!!












そして、サボテンがにょきにょきと生えています。



























しかも、大きいΣ( ̄。 ̄ノ)ノ













道案内の看板やゴミ箱だって、らくらく作れちゃいますよ。




















真っ白な世界に現れたサボテンの森。

































塩とサンゴと、それからサボテン…







なんとも奇妙な取り合わせ…。








この日は、風がものすごーく強くて、島のてっぺんなんて、吹き飛ばされそうなほどでした。




















その風の音すら、いつもとは違った響き。サボテンのトゲの間を吹き抜けるからなのかなぁ…。そうだったらすごい!うにまるは、サボテンが奏でる音を聞いてきたことになります(((o(*゚▽゚*)o)))














ちなみにお昼ごはんは、同行のガイドさんとインディヘナの女性が、ちゃちゃっと用意してくれました。




























塩で作った椅子とテーブルでいただきます。













ボリュームも味もレベル高し!












お湯も沸かしてくれたので、食後はまったりとコーヒータイム。














観光用かな?目の前をリャマがと取りすぎて行きました。













さて、長くなったので今日はここまで。次回はウユニにきたらお約束のアレのお話です。お楽しみに(^O^)/

*****************
世界一周ランキング参加中
↓ポチっと願いしま~すU^ェ^U
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
【1日1回有効】
*****************
関連記事

| ボリビア 2013.9 | 06:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ウユニやっぱり想像を絶する世界ですね!
ずーっとずーーっと前に海だったところに今立てるなんて
ぜひ行ってみたいところの一つです。
うに丸さんの持ち物考察参考にさせていただきますね。

この間のうに丸さんの“裏口入学”に笑ってしまいました
さすがの職業柄の例えです!


| うたこ | 2013/10/17 13:32 | URL |

地球のどこかで


赤い大地
地層
海水と塩
サボテン
サンゴ
青い空に白いウユニ

海と山がゴッチャになってて、とても不思議ですね。

地球には、こんなに珍しくも興味深い所がいっぱいあるなんて…

盛山なら、ウユニに向かって、ワーーとか言いながら走りそう(笑)

| 盛山 | 2013/10/17 17:53 | URL |

うたこ 様

鏡張りのウユニも素晴らしいのでしょうが、一面白というのもものすごく感動しました。裏口入学…、職業と関係してたらまずくないですか(笑)

| うにまる | 2013/10/17 20:04 | URL |

盛山 様

アンデス山脈周辺は、地殻変動の痕跡があちこちに残っていて、そんな景色に圧倒されました。創世記の地球、どんなにか凄まじかったんだろうなって…。
もちろん、走りましたよ(笑)

| うにまる | 2013/10/17 20:09 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://unidonworld.blog.fc2.com/tb.php/443-213c5817

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。