自然観察系世界一周 うに丼日記

うにまるが世界をどーんと旅した自然観察系旅ブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【弓場生活1】概略

=================
うに丼日記へようこそ!
はじめましての皆様→自己紹介です

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
=================

こんにちは、
うにまるです( ´ ▽ ` )ノ





リアルタイム弓場農場滞在中。
弓場農場についてはこちら
弓場農場情報






Wi-Fi使えますが、慣れない仕事、ツアー中の運動不足で、毎日くたくた。なかなかネットに向かう時間がとれません。






でも、せっかくの貴重な体験なので、リアルタイムでちょっとだけその様子をお伝えしたいと思います。





朝6時朝食。










7時作業開始













トラクターに乗ってオクラ畑へ出勤です。





ブラジルは最近夏時間になり、朝7時って、ようやく太陽が昇る頃。














広大なオクラ畑で、もくもくとオクラを摘みます。






















作業自体は単純で、ちゃんとやり方も詳しく説明してもらえるので、素人でも問題ありません。











手作りの収穫用ケースを斜めがけにして、どんどんと摘み取ります。






赤土の畑は埃っぽく、そして、ブラジルの直射日光が容赦無く照りつけてくるので、暑いけれど長袖、長ズボン、ほっかむりが定番のスタイル。












あ、似合いすぎている(笑)






ちなみに、これはオクラではありません。帰り道にアセロラの実を摘んでいるところ。ジュースになって食卓に登場します。






作業着もズボン、カッターシャツ、Tシャツ、靴下、軍手、ゴム手、長靴、バンダナと、すべてが用意されているので心配いりません。










使ったら洗って返すシステム。強い日差しで、あっという間にパリパリに乾きます。






こちらが洗濯場














南米でよく見かけるタイプの洗濯シンクが2セット(写真は1セット)






旅人用の洗濯機













一槽式で、洗濯のみ。すすぎはシンクで。






こちらは、山の人たち(ここでは弓場のことを山っていいます)の大量洗濯時に使用。












奥の銀色のが大型一槽式洗濯機。手前がすすぎ用のシンク。






そして、旅人も使える脱水機











機械類は必要最低限のものだけしかないようです。






食事はこちら。毎食ブュッフェ式。好きなものを好きなだけ。




















グラスに入っているのが手作りアセロラジュース。






すごいのは、ほとんどが手作りっていうこと。材料はもちろん、パンもジャムも調味料も…






美味しいですよぉ~。


















食器洗いや洗濯用の洗剤だって豚油から作っているんだと聞きました。





調理場












これとは別にかまどもいくつかあります。











パンを焼くのも置き炭









食事時間には山の人たちも旅人も、みんな一同に食堂に集まっていただきます。






使った食器も当番たちが流れ作業で片付けます。食洗機より早いです。ここでは毎日が合宿生活みたい。





昨日は使わなくなった鶏小屋の解体を手伝ったんですが、使える木材は整理し、使えない木材はかまど用にと分けました。ゴミにするのは、わずかなプラスチック製品のみ。



















ここではあらゆるものが、効率よく利用されています。






来て数日なのでよくわかりませんが、新しい道具を買わないようにしているわけでもなく、 これで不自由がないから、このスタイルを通しているように見えます。






いろんな物が無駄なく活用されています。






昼食と休憩後は、摘み取ったオクラのパック詰め作業。これまたもくもくと夕方6時まで。





夕飯食べて、お風呂に入って、気づけば9時。空は満点の星空です。






旅人は農場部と呼ばれる小屋で眠ります。



















屋根も壁もありますが、ホテルのようなものを想像してはいけません。あえていうなら山小屋。それも昔ながらの(笑)





トイレは外へ出て50mくらい歩かないといけないし、その間、ヘビもカエルもトカゲもでます。蚊だって小虫だってたくさんです。





でも、山の人たちの日頃の手入れで古くても、どこもかしこも清潔。





ここでは、あらゆることから学ぶべき事柄を発見できます。とても貴重な経験をさせていただいています。






ここは観光地ではなく、あくまでも生活の場であり、旅人は居候にすぎません。そんな居候たちにも分け隔てなく明るく接してくださる山の方々には、ほんとに頭が下がります。






現代社会が忘れかけてしまった大切なこと。それを考えるヒントがここにはあるような気がしています。




とりあえず、今回の更新では弓場での生活の概略を紹介してみました。慌てて書いたので伝わりにくい部分もあると思いますが、今後もそれぞれの活動について紹介していくつもりでいます。遅れている旅日記と行ったり来たりになりますが、弓場に興味のある方は時々覗いてみてください(*^_^*)


*****************
世界一周ランキング参加中
↓ポチっと願いしま~すU^ェ^U
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
【1日1回有効】
*****************
関連記事

| 旅の覚書 | 09:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

弓場生活はじまってるんですね!
なかなか自給自足に近い生活ってできないから一度経験してみたいです。
食べているものや使っているものがどこから来てどういう行程を経てやってくるのかを実感できるのは貴重ですね。
ご飯もおいしそう!

| うたこ | 2013/11/01 21:15 | URL |

素朴でシンプルな生活、
どこか懐かしい景色…
なんだか癒されます

が、それよりなにより…
うにまる様の収穫姿、ハマりすぎです!!
きっと、うにまる様の採ったオクラはおいしいのでしょうね♪

| すぶた | 2013/11/03 10:05 | URL |

うたこ 様

実際に弓場へ行ってみて、自分が考えていた以上に考えさせられることが多かったです。おいおい書いていこうと思いますが、まだ、うまく言葉にならないというのが正直なところです。

| うにまる | 2013/11/04 08:28 | URL |

すぶた 様

われながら、おはよう日本の地方にユースに登場しててもおかしくないなって思ってます。「サクランボの収穫が始まりました!」みたいな(笑)
美味しいオクラを見分けるコツを掴みとる前に農場を去ることになり、ちょっと残念な気分です。オクラに人生を感じた6日間でした!

| うにまる | 2013/11/04 08:43 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://unidonworld.blog.fc2.com/tb.php/462-358a2050

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。