自然観察系世界一周 うに丼日記

うにまるが世界をどーんと旅した自然観察系旅ブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【弓場生活2】お仕事のこと

=================
うに丼日記へようこそ!
はじめましての皆様→自己紹介です

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
=================

こんにちは、うにまるです( ´ ▽ ` )ノ



三連休の真ん中、みなさまいかがお過ごしでしょうか?うにまるは、リアルタイムでは、今朝弓場からサンパウロへと戻ってきました。記事のストックがそこを尽きていたことに気づかず、更新が遅れてしまいました(>_<)
コメントの返信も、もうしばらくお待ちください。スミマセン。





今回は弓場でのお仕事について、もう少し詳しく紹介したいと思います。





弓場では、仕事をすると3食つきの宿泊費はなんと無料となります。逆にいえば、宿泊費分はきちんと働かねばなりません。





基本的には日曜日は仕事はなし、月、水、金、土の7時からはオクラ摘み。




それ以外の時間は、その都度仕事が振り分けられます。





女性の場合はオクラを摘んだ午後は、そのパック詰め作業。火、木は台所の手伝いが多いようです。






男性の場合は、草刈りやカボチャの収穫、サトウキビの粉砕など体力勝負なお仕事が中心とか…。






いずれの仕事も暑さとの戦いがかなりのウェートをしめています。






旅行客が必ずと言ってかかわるオクラの収穫は、ちゃんとマニュアルも用意されています。




















オクラは葉っぱや茎の影にうまく隠れているので、それらを見落とさずに摘み取るのはなかなか難しいです。





ある意味ハンター欲を刺激され、楽しいです。秋の公園で木の実をさがすような、海岸で漂着物を探すような、そんなワクワク感と発見した時の喜びがあります。





最終日、せっかくなので摘み取るオクラの数を数えてみました。






その結果、





な、な、なんと…






朝7時から10時までの3時間で






およそ1200本のオクラを摘んでいました。










↑これでだいたい300本。




200本あたりからケースが肩にずっしり感じられるようになり、250本目あたりは腰が痛くなってきます。














13人(旅行客9人+山の人4人)で収穫していたので、単純計算で15600本のオクラを摘み取ったことになりますΣ( ̄。 ̄ノ)ノ













確かに畑も広いですが、1日おきにそれだけの実をつけるオクラの生命力もすごいです。植えっぱなしで、1年以上収穫できるんだそうです。






1つの実には20~50の種が入っていたので、こちらも単純計算で54万6千個の種を作り出しているということになります。













もちろん熟す前にこうして摘み取られてしまう運命なんですけどね。













ちなみにオクラの花は太陽がすっかり登る9時くらいから開き始めます。朝一の畑は蕾ばかり。






…そんなことも最終日になってようやく気づきました。





私たちの生活は、こうした植物の生命力に助けられているわけです。






そんなことを考えながらオクラを摘んでいると、けっこうあっという間に時間はすぎます。






午後のパック詰めはこんな作業台でもくもくとパックにオクラを詰めていきます。












長すぎるオクラ、固すぎるオクラ、曲がりすぎたオクラ…。






そんなオクラは詰めてはいけないのですが、なかなか見分けが難しいのです。






最終日になって、なんとなく手触りでオクラの良し悪しを感じられるように…。





こんなにオクラと真剣に向き合ったのは初めてだな。






…当たり前か(笑)





一見すると地味な作業ですが、暑さもあって、慣れない身にはけっこう重労働だったりします。





でも、なんか気持ちいいんですよね。






摘みながら、つまみ食いさせてもらう、オクラもシャキシャキしておいしいしo(^▽^)o






ここは、農家の一員になった気分を味合うことができる場所。











作業の合間に飲む一杯の水がとっても美味しくて、自分が摘んだオクラはとっても愛しくて、自然と食べ物への感謝の気持ちが湧いてきます。














労働のあとの食事は格別。






ただ、このご飯分の労働がてきたかというと、ちょっと自信がないんですよね
(^_^;)






「いただきます」に、自然と感謝の気持ちがこもります。





仕事を通して感じたことなんかは、また改めて書こうと思います。






それでは今日はこの辺で…。


*****************
世界一周ランキング参加中
↓ポチっと願いしま~すU^ェ^U
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
【1日1回有効】
*****************
関連記事

| 旅の覚書 | 13:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://unidonworld.blog.fc2.com/tb.php/463-bb15c78f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。