自然観察系世界一周 うに丼日記

うにまるが世界をどーんと旅した自然観察系旅ブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

博物館でモアイを学ぶ!

=================
うに丼日記へようこそ!
はじめましての皆様→自己紹介です
カテゴリー別一覧をご所望の方→ここ
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
=================

おはようございます、
うにまるです( ´ ▽ ` )ノ





現在、日本から13000km離れたイースター島に滞在して、4日目の朝を迎えたところ。どうやら早朝の方がネットにつながりやすいことを発見しました。早起きして書いてますよぉ~。





それでは、11月14日の日記からドーンといってみましょう!!




そろそろ、モアイの写真、いっとかないと…












イースター島には900近いモアイが存在するそうです。







モアイは亡くなった先祖を崇めるための象徴らしいです。アフという祭壇に乗っています。












このアフやモアイに触ることは禁じられています。






で、驚いたのは昔のモアイには目があったそうです。













頭の上にあるのはプカオっていう帽子("まげ"という説もある)らしいです。モアイをより大きく見せる効果があるとも言われています。





目のあるモアイは現存していません。写真のモアイは、資料を元に復元された唯一の目入りモアイ。





他にも店先なんかでみかけますが、それらはレプリカ。





そして、これが唯一残っていた目の入った顔の一部です。











この目が保管されているのが、こちら↓




















イースター島博物館
入場料1000チリペソ(およそ200円)






大きくはないですが、とても充実した博物館です。なんていったって、島でただ一人永住権をもつという日本人公認ガイド、最上さんによって訳された「日本語解説」つき。













館内には、解説パネルやモアイの一部、出土品などが所狭しとならんでいます。









モアイは、その製造工程は明らかにされています。


























モアイは石切場の大地から掘り出され、最後に背中を切り離され、最後に背中に彫刻が施されたそうです。





当たり前だけど、これ、全部が手作業で行われました。30人が1年かけて、ようやく1体のモアイを作れたそうですΣ(・□・;)




しかし、製造方法はわかっているものの、出来上がったモアイをどうやって、アフ(祭壇)の上に設置したかは、いまだに解明されていません。



いくつかの有力な説↓
































モアイの重さは平均的なもので20t、いったいどんな方法で動かしたのか…。





イースター島は今はチリ領ですが、最初にこの島へ上陸したのはポリネシアの人々だということです。西暦500年くらいだったかな?





当時の島は、ヤシの木など南国特有の木々が生い茂り、芋なども自生する豊かな土地だったようです。





当時のモアイの人々はまげを結う習慣があったとか…。




…って、この写真、うにまるには"あの人"にしか見えません。









な、なすびさ~ん。





これ、鳥人儀式の絵みたいですね。






イースター島へ来て4日目。少しずつ島のことやモアイのことが分かってきました。





宿にもドキュメンタリーのDVD(もちろん日本の)があって、ご飯のときとかによく見てます。












やはり、現地に来てから見ると理解度がましますね(((o(*゚▽゚*)o)))





こんな風に今まで見てこなかっことに興味がもてるようになったのは、旅の大きな恩恵です。





あと若人たちの感性に触れ、こんな写真も撮ってみたり…





















ムーミンファンの皆様には今しばらくお待ちいただくようお願いします(笑)
ごめんなさい。この日持ってくのわすれました(>_<)







*****************
世界一周ランキング参加中
↓ポチっと願いしま~すU^ェ^U
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
【1日1回有効】
*****************
関連記事

| チリ 2013.9 | 06:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://unidonworld.blog.fc2.com/tb.php/479-c3ee4e37

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。