自然観察系世界一周 うに丼日記

うにまるが世界をどーんと旅した自然観察系旅ブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

個性派ガイドと行くモアイツアー

=================
うに丼日記へようこそ!
はじめましての皆様→自己紹介です

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
=================

おはようございます、
うにまるです( ´ ▽ ` )ノ




今日はWi-Fiの調子が最悪です。日曜日だから?なかなか写真が貼れないので、とりあえず前編を更新します。





それでは、11月16日の日記(前編)からドーンといってみましょう!!





足が確保できないうにまるたちは、ついに1日ツアーに参加することにしました。





本当は自転車を借りようかと思っていたのですが、見所の「アフトンガリキ」「ラノララク」までは18kmそしてさらにその先に「アフナウナウ」があるというではないですか。





おばさんには無理っ(笑)





で、ツアーなんですが、7時間たっぷり見て回って35000ペソ。おまけしてもらって3000ペソ(6000円弱)でした。昼食もつくし、そんなに高くないかも…。





見て回った中では、同じ1日ツアーで昼食なしで4000円弱っていうのがいちばん安かったかな。





でも、ここのツアーに決めたのは大きな理由があるのです。





ガイドさんが個性的(笑)





すごくフレンドリーでサービス精神旺盛なガイドさんでした。










郵便局のはす向かい(海より)にあるツアー会社。うにまる的にはオススメ度高いです!






Rapanui Ancestral Tour
HP





こんな写真とかとらせてくれます(笑)










というわけで、9:30スタート!!




まず向かったのは「アフアカハンガ」。ここにはモアイ倒しの戦争で倒されたモアイや住居、かまどの跡などがあります。










イースター島の悲しい歴史。文明の繁栄、人口増加と反して、森林の消失、肥沃な土砂の流出が起こり、この島は深刻な食糧難に見舞われます。そして部族間で起きた土地と食糧をめぐる戦争。





モアイには霊力が宿ると信じられていて、その象徴である目を封じるため、モアイをうつ伏せに倒したのです。それがモアイ倒し戦争。





そして、文明はまたたく間に崩壊。400体近くの作りかけのモアイがそのまま残されました。





そのモアイ製造工場がこちらの「ラノ・ララク」。











ここでは、掘り出し中から、建てられたものまで様々なモアイに出会えます。





それではその写真を一挙公開↓











































中には正座しているレアもののモアイとか、最大と言われる21mの掘りかけモアイまで。





うにまるのイメージでは、上の写真のような形がモアイらしいって感じるんですが、これらの形は最後の頃のモアイなんだそうです。






最初は2m近くだったモアイが、大きいほど霊力が強いという理由で、競って大きいものを作っていったんだとか。で、最大21m(笑)





霊力の宿る目がより大きく見えるよう、サンゴで作ったり、アフ(帽子または"まげ")をのせたり…。





最後はモアイの顔を長くしたこんな形に。





これ、石器て掘り出したっていうから驚きですΣ( ̄。 ̄ノ)ノ




体はトファ火山岩(中央)、アフは赤色スコーリア(左)でできているそうです。右は石器 ↓











プカオを作っている赤色スコーリア。これって、いわゆる軽石です。






プカオをかぶっているモアイを見るたびに、重そうだなぁって同情してたんですが、この重さなら納得。






ラノ・ララクから見たアフトンガリキの15体のモアイ。












ここを訪れる前に、腹ごしらえ。






昼食はガイドさんが豪快に作ってくれました。
























ガイドさんが、素手で皮をはいで配膳してくれます(笑)





お芋と焼き魚、野菜サラダとヘルシーな昼食(*^_^*)





午後はいよいよ15体のモアイさんたちにご対面。




とりあえず前編はここまでです。
次回更新はWi-Fiの調子次第になりますが、よろしくお願いします(^O^)/


*****************
世界一周ランキング参加中
↓ポチっと願いしま~すU^ェ^U
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
【1日1回有効】
*****************
関連記事

| チリ 2013.9 | 12:30 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

はじめまして
いつもブログ楽しみにしています
私達も来年イースター島に行きたいと思っているので
教えていただきたいのですが、
このツアーはラノ・ララク入場料は別ですか?
(値段的に別かな?と思うのですが)

また、ラノ・ララクの入場券は空港で買ったほうが安いと聞いたのですが
まだそうでしょうか?ご存知でしたら教えて下さい。

イースター島ツアー後半の記事も楽しみにしています。

| ぶん | 2013/11/18 13:17 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013/11/18 22:11 | |

ぶん 様

コメントありがとうございます。返事が遅くなってしまいすみません。
入場料は別で6000円ほどです。これは、基本的には国立公園の入場料で、島のほとんどは国立公園です。ただ、ラノララクと、オロンゴ儀式村へ入るとき以外はほとんどチェックされないはずです(稀に島内で提示を求められることもあるらしいですが)。空港が安いというわけではありませんが、空港以外は集落のはずれにある事務所まで行かないと買えないので、空港で買った方が便利です。ちなみにラノララクと、オロンゴ儀式村では、チケットにスタンプが押され、最初にスタンプを押した日から5日有効。この二つのエリアには原則1回ずつしか入れません。
高すぎる気もしますが、モアイの保護のためだと思うことにしました(笑)
このあとの更新で現地のプチ情報ものせたいと思いますので、良かったらチェックしてください。

| うにまる | 2013/11/21 21:39 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://unidonworld.blog.fc2.com/tb.php/482-642b0f6a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。