自然観察系世界一周 うに丼日記

うにまるが世界をどーんと旅した自然観察系旅ブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

イースター島写真館

=================
うに丼日記へようこそ!
はじめましての皆様→自己紹介です

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
=================

こんにちは、うにまるです( ´ ▽ ` )ノ




今、泊まっている宿のWi-Fiがさっくさくで気持ちいい~。なのにちょっぴり問題発生(¬_¬)




ちょっと最初に言い訳しますと、現在PCの電源アダプターの接触不良により、iPhone以外で撮影した写真が使用不可となっております(T_T)





せっかく撮りためたお気に入りの写真たちがアップできずに残念でなりませんが、iPhoneで撮影した写真たちもなかなかよいのでお楽しみいただければと思います。





それでは、イースター島写真館さっそくドーンといってみましょう!!





まずは、宿から歩いて行けるタハイ儀式村。ここには目のあるモアイ、5体のモアイ、壊れかけのモアイがいて、特に夕方が美しいエリアです。











ほぼ毎日通っていたので、たくさんの写真が撮れました。






















でも、モアイの顔を見るなら朝がオススメ。








あ、これ↑はタハイ儀式村から10分ほど離れたところにポツンといるもあいです。






モアイが見つめる先にある朝焼けの風景も素敵。



(*写真はのちほど)



そして、朝陽のスポットとして有名なのがアフ・トンガリキ。朝陽を背後に浴びて立つモアイはここだけてす。











宿からは車がないと行けないのが難点ですが、神秘的なこの島の雰囲気を凝縮したような時間が味わえます。うにまるは滞在7日目にして運転手と巡り合うことができ、8日目の朝に念願が叶いました。






朝陽が昇ってくる瞬間て、心がしんとしますよね。











島の最高峰から見下ろす海。海と空の境界が揺らめいて吸い込まれそうな青です。











ここへは馬に乗って行きました。翌日は内股とお尻が筋肉痛になったけど、この青は一生忘れないと思います。










ラナカウの火口湖の眺めは、何度見ても驚きの光景。結局2回、見に行っちゃいました。









モアイ製造工場のラノ・ララクももう一度行きたかったんですが入場券の期限切れもあり、入れてもらえませんでした(T_T)





一緒に車をチャーターした仲間たちが見学している間、ラノララクからアフトンガリキまでの道のりをお散歩。



(*写真はのちほど)



これが意外にもとっても静かで良かったです。距離もさほどなく、1時間ほど一人きりの島時間を堪能。




(*写真はのちほど)




草むらの先に現れるアフトンガリキの15体のモアイたち。




(*写真はのちほど)




天候によって様々な表情を見せてくれるモアイたち。





























そして、青い海。











太平洋に浮かぶ絶海の孤島。この島ではこの巨大なモアイを立てるほどの文明が発展したにもかかわらず、人口の増加と資源の枯渇による部族間の戦いで、そのほとんどが消え去りました。




それは、まるで小さな地球のようにも思えます。今はのんびりとした時間が流れているこの島で、美しい風景を眺めながらそんなことをとりとめもなく考えたり…。





不謹慎発言かもしれないけれど、滅びることもある意味必然で、それはそれで美しいんじゃないかなぁ…なんて思ったり…。





イースター島博物館の展示パネルには、最後にこんな文章が書かれていました。





解決策はありませんーいつかは消えて行くものです…

モアイ、壁画、彫刻といったラパヌイの遺跡は作られた瞬間から自然の影響を受け始めました。侵食され、裂け目ができ、石の表面は苔、藻類、植物が生えていきます。石の材質によっては、大変脆いものもありました。

加えて、観光業の急速な展開にともなって、考古学的遺産や岩に施された芸術は危機にさらされています。

しかしながら、我々はその日を遅らせるお手伝いはできます…






…以下観光時の注意が続くのですが、うにまるはこの書き出しがとても好きだなって思いました。





いつかは消えて行くからこそ大切にしたい。わたしたちの周りにはそんな物で溢れています。








さて、次回の更新は夕方6時。トリックフォト修行の成果などをお届けしたいと思います。若いパワーに影響され、だいぶ上達したんじゃないかな?イースター島編の最終回になりますのでよろしくお願いしま~す(^O^)/



*****************
世界一周ランキング参加中
↓ポチっと願いしま~すU^ェ^U
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
【1日1回有効】
*****************
関連記事

| チリ 2013.9 | 12:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

なんのなんの!!

こちらこそ、ご心配をおかけしました(>_<)


実はワタクシ、社会人学生をやっておりまして…避けては通れない「現場実習」なるものがあるんです。

若い者に混じって、そして職員さえも年下という環境に、行ってきましたよ(`ヘ´)

うにまるさんのブログは、なんとか朝晩の通勤中に読めたのですが、コメントまでは入れられず、失礼しましたm(._.)m

| 盛山 | 2013/11/26 17:33 | URL |

盛山 様

なんだか、コメントをねだっているみたいな返信になっちゃってすみません。とにかく盛山さんがお元気で良かった!それにしても、社会人学生とはチャレンジしてますね。尊敬です。うにまるもイースター島では若い者に混じり、元気をもらうとともに、自分自身のおばさん度にちょっぴり打ちのめされたりしてきました(笑)

| うにまる | 2013/11/27 07:44 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://unidonworld.blog.fc2.com/tb.php/487-2b885c90

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。