自然観察系世界一周 うに丼日記

うにまるが世界をどーんと旅した自然観察系旅ブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ナビマグでパタゴニア南下!

=================
うに丼日記へようこそ!
はじめましての皆様→自己紹介です

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
=================

おはようございます、
うにまるです( ´ ▽ ` )ノ





消息不明だった4日間、うにまるはナビマグ社のフェリーでプエルトモンから、プエルトナタレスまで、チリの海岸沿いをフィヨルドを眺めながら南下しておりました。




それでは、11月22~25日の日記からドーンといってみましょう!!





11/22、夜行バスにてサンティアゴからプエルトモンへやってきました(詳しは別の記事で)






うにまるが目指すフェリーは週に1便。金曜日の夜にここプエルトモンを出港します。当初の予定では、2日前にプエルトモン入りし、フェリーに乗るつもりでした。しかし、イースター島の飛行機が希望の日にとれなかったので、フェリー出発の昼前にプエルトモンに到着です。












ナビマグはいつも混んでいるということで、当日のチケット予約は無理かなと思いつつもチケットオフィスへ。










案の定、チケットはありませんでしたが、「キャンセルがあるかもしれないから2時すぎに来てみて」とのこと。







2時すぎに行ってみても「もう少し待ってみて」ということだったので、そのままオフィスでぼんやり。そして3時になろうかというとき、チケットが発券されました。




やったね(≧∇≦)
と、思ったのも束の間、「4時に搭乗だから急いで荷物を持って来て」とのこと…。







ええ~ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3






あわててバスターミナルのコインロッカーまで荷物を取りに行きました。





フェリーの出港夜は8時のはずなのでまさかの番狂わせ!!90%チケットゲットは無理と思っていたので、準備が追いつかないΣ(゚д゚lll)










とりあえずおやつと水を確保したら(必要なかったけど)もう時間ギリギリ。ネットから情報を落とす間も、ブログを更新する間も無く、半ば監禁される気分で乗船(T_T)









どうやらこのフェリーは、客室よりも貨物スペースの方が多いようです。

















こんな風にして船に乗り込むのは初めて!作業用のリフトで上に上がります。






部屋はこんな感じです。6人ドミトリー。同室者はうにまるの他、スペイン語を話す親子(子どもは20代かな?)だったんですが、ちょっと仲良くなれる雰囲気ではなかったのが残念。どうやら観光客ではなく地元民っぽかったですが、いつ見ても寝てました(^_^;)


















3つもベッドが空いてたってことは、キャンセルが出たってより、予備の部屋なのかな?





5時からビデオ上映があるというので、今後の予定が分かるのかと期待して見に行くと、安全の手引きみたいなやつでした。一応、フェリーのスタッフが短い挨拶してたけどスペイン語オンリーなのでよくわからず(^_^;)











航路を書いた地図とか、見所とか、そういうパンフレットも一切ありません。そういうのって日本感覚なんですかね?HPを印刷しておくべきだった(¬_¬)






乗客は全部で40名くらい。フランスやハンガリー、ドイツやカナダなどからの観光客。いろんな言葉が飛び交ってました。アジア系はうにまる一人でけっこう目立ってました(^_^;)





週に1便、この人数しか収容しないのなら、予約がとりにくいってのも納得。






何もすることがないので船の中を見学。乗船口ではコンテナが積み込まれていました。


















スペースギリギリに詰め込まれたコンテナや車。プロの技です!






つまりこの作業があるため、乗客は早くに乗りこまされたようです。入り口はここだけですからね。






19時になり、初めての食事タイム。
















普通に美味しい!水とジュース(オレンジとクランベリー)とコーヒー、紅茶はいつでも飲み放題。









夜8時。出港する気配なし(^_^;)










対岸に見える明かりの中を飛んでいるであろうWi-Fiが恋しい~(>_<)





21:30、ようやく出港。音もなく港を離れて行くフェリー。驚くほど静かでまったく揺れません。大型船てすごい!!











天気もいまいちなので、明朝に期待を込めてそのまま眠りに落ちました。






目が覚めたらすでに6時。前日の夜行バス移動で疲れていたにしても、よくぞこれだけ熟睡できたものです。この才能は旅向きですね(笑)







日の出には間に合いませんでした。きっとこの雲行きでは、間に合ってもたいしたことなかったかな…と、自分をなぐさめます。




9時前に朝ごはんを食べる頃には雨も降り出したした。再び眠り、昼食を食べて眠り…。たまった疲れをここぞとばかりに解消。っていうか、これじゃリズムを崩しますよね(^_^;)





















そして、夕食を食べていると、隣にやって来たおじさんが「青空が見えるよ」と教えてくれました(((o(*゚▽゚*)o)))






















うわっ、ようやくテンションが上がってきました(≧∇≦)






このいくつもの小島が並ぶ風景、これがフィヨルドってやつですね。





それにしても寒い…(*_*)















プエルトモンの古着屋さんで、前のジャケットと交換してもらった新しいジャケット(タダで交換してくれたので驚いた)。少し厚手になったのにやっぱり寒い(*_*)





食堂兼リビングでくつろいでいると放送がかかりました。スペイン語だけど、きっと景色が良いところを通るっていってるのかな?





みんながぞろぞろと外へ出て行くのでついていくと、夕暮れの空にかっこいい山が迫ってきました。









しかしこのあと、船が揺れだし、この夜は浅い眠りに2時間起きに目覚めることに…。前日に寝すぎたのもいけなかったのかな…。





朝食に起きると、船内を歩くのもやっとな揺れ。左右前後にゆらゆらと大きく傾きます。とはいえ、食卓の食器が滑るほどではありません。





食欲なしでしたが、とりあえずパンを一口。バターを塗ったのは失敗(>_<)
二口目からは冷たいジュースで味なしパンを流し込みました。チリのパンて、大概パサパサしてるんです。かみごたえがあるのはいいんだけど…。







結局パン一つとジュースだけを口にして、ベットへ直行。横になっているといく分楽です。





おそらく船は大きな半島を迂回するため外洋へ出ているはず。このあと、フィヨルド内に入れば揺れは収まるはずと期待して、うとうとします。







とりあえず、薬のお世話にはならずに済む程度ですが、軽い吐き気は感じました。




自分の睡眠力に感謝。お昼に目を覚ますと揺れはすっかり収まっていました。外をみると再びフィヨルドが迫ってきていました。

















わ~いヾ(@⌒ー⌒@)ノ





でも、外は極寒。気温はたいしたことないんですが、風が体温を奪います。どうやら旅にきてからアレルギー体質に拍車がかかっているようで、最近、寒冷蕁麻疹が出るんです。






冷たい風に当たったところが痒くなって、室内で急にあたたまると熱をもって疱疹状に。すぐおさまるんですが、痒くて痒くて…、日本に帰ったら、一度アレルギー検査をしてもらおうかなぁ…。とりあえず、出来るだけ寒風に当たらないよう、マフラーで顔を覆うようにしてやり過ごしています。






甲板でのんびり…なんて思っていたのは浅はかで、景色が良くても寒さのために出たり入ったりの繰り返し。夕方に再び放送がかかり、景色の良いところを通るという知らせ。





どうやら小島と小島の狭い航路を通り抜けるようです。











夕食は魚でした。飽きることないメニューに感謝(((o(*゚▽゚*)o)))










魚にマッシュポテトという新たな組み合わせも味わえましたし(笑)






島々の中に集落が見えてきました。


















小舟に物資を下ろしたり、何人か人の乗り降りもあったみたい。観光客ではなく、地元の方のための制度みたい。うにまると同室の一人もここで降りたみたい。





そして、残念ながら最終夜も星は見えず…。再び雨の朝…。





天気、なかなか回復しないですね。






雲の中のフィヨルドも、なかなか幻想的でいいかもね。




(*写真は後から追加)





最後の昼食は残念ながら、パクチーにセロリと、うにまるの苦手な香草づくし。セロリはずいぶん克服してきましたが、パクチーにはいまだ悩まされます(>_<)





午後からは絶景の連続。そして、吹き荒れる強風。これが風の大地パタゴニアの洗礼かな?波飛沫が風に舞い、細かな霧のように周囲をおおっています。こんな風景も初めて見ました。




















ついにプエルトナタレスの街が見えてきました。
















しかしながら強風のため着岸できず。
17:30にダイニングルームに集められて、20時まで待機との連絡を受けます。えぇ~っ!!もうそこに街はあるのにぃ~(>人<;)










でも、19時には降りられました(*^_^*)




さすがは南部パタゴニア。まだまだ日は高いです。22時を過ぎても残照が続いてたし…。





そんなわけで、無事3泊4日の船旅を終えました。




次回はナビマグのプチ情報です。今日も夕方6時に再更新。Wi-Fiサクサクってほんと気持ちいいですね(*^_^*)




ブラジルをショートカットしたからには、リアルタイムに追いつきたい!!


*****************
世界一周ランキング参加中
↓ポチっと願いしま~すU^ェ^U
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
【1日1回有効】
*****************
関連記事

| パタゴニア2013.11〜12 | 06:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

この船乗りたいと思っていたので、うにまるさんのブログで情報がわかって嬉しいです。
HPだと料金は500ドル均一(昔は350ドルもあったようなんですが)ですが
うにまるさんの時もそうでしたか?
HPではそんなに乗れない感じでしたが、うにまるさんのブログではたくさん人が乗ってますね。
オフィスに行くといろんな料金があるのでしょうか?
良かったら教えて下さい。

| ぶん | 2013/11/27 06:44 | URL |

ぶん 様

再びコメントありがとうございます(*^_^*)
ナビマグ、時間の感覚を忘れる3泊4日でした。料金は一律みたいです。ひょっとして当日割とかあるかと期待してたんですが、510$払いました。10$は税金かなにかでしょうか。窓口のお姉さんは一律だっていってました。夕方にナビマグ情報をまとめたものを更新する予定ですが、言葉足らずで分かりにくいかも(^_^;)
他にも知りたいことがあれば連絡ください。わかる範囲でお答えできるかと思います。

| うにまる | 2013/11/27 07:48 | URL |

フェリーの車のようで、船に積まれた乗用車たちが懐かしかったです。
某劇団の車両責任者として何回トラックと共に船の車を積むところに入ったかw
誘導のおじさんたちは本当にびっちりびっちりに車を配置しますね〜。
それに合わせて運転するのもドキドキですけんど〜♪

| はと | 2013/11/27 23:08 | URL |

はと 様

劇団関係のお仕事って、ほんと多方面に渡るんですね。改めて、はとさんてすごいなぁって思っていしまいました。コンテナに関しては専門のドライバーがいるみたいで、ほんと鮮やかなハンドルさばきでした。早朝から、出勤、お疲れ様〜!

| うにまる | 2013/11/28 07:13 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://unidonworld.blog.fc2.com/tb.php/489-e2a8a828

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。