自然観察系世界一周 うに丼日記

うにまるが世界をどーんと旅した自然観察系旅ブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

問題発生?南極ツアーの準備と注意点

=================
うに丼日記へようこそ!
はじめましての皆様→自己紹介です

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
=================

おはようございます、
うにまるです( ´ ▽ ` )ノ




南極ツアーもいよいよ直前。今日は、南極へ行くための準備とラストミニッツツアーの注意点をまとめてどーんっといってみま~す!!





っていうのも、「注意点」として最後に紹介しますが、ちょっとしたハプニングが発生しました(>人<;)





とりあえず解決したんで、安心して読んでくださいね。





では、本題です↓




【準備と持ち物】

①環境省への届け出

南極保護条約に基づき、南緯60度を越える地域に上陸する際には、事前に環境省へ届けを出す義務が生じます。




通常は1ヶ月以上前に手続きを終えるように言われていますが、ラストミニッツツアーの場合は直前に手続きすることになります。




そのための方法

①環境省HPから様式(ワードまたはPDF)をダウンロード→こちらを参照

②様式に沿って必要事項を記入。

 スクリーンショット

※船籍などは旅行会社に問い合わせ

③書類を添付し指定のアドレスへ、参加する旨をメールで連絡
*これはラストミニッツにのみ適用される手順のようです*

④OKならば書類(A41枚)を印刷し、捺印(サイン可)、日本に郵送



以上です。実際にやってみた感想ですが、必要事項を旅行会社に問い合わせても要領を得ませんでした(笑)。



なので、その部分は空欄のまま、指定のメールアドレスに書類を添付し問い合せたところ、即日返信が届きましたすごい!しかも空欄部分はあちらで調べてくれました。どうやら船名から分かるようです。※船名についてはHPなどに記載されています。



で、書類を訂正し郵送した訳なんですが…



この書類、提出しても特に証明書が出る訳でも受理の連絡がくるわけではなく、ようは出しっ放し(笑)




本当に必要なのぉ?って言いたいのですが、きっと南極を保護するために必要なんだろうと自分を納得させることにしました。(法律上は提出の義務があり、場合に酔っては罰金もあるとあるようです)




というわけで、手続きはとっても簡単です。





②服装




南極ってどんなに寒いんだろうって思っていたんですが、ツアーの情報によると、この季節の沿岸地域では氷点下になるのはまれなんだそうです。




しかもうにまるが行くツアーでは長靴の無料貸与とパーカー(防寒着)のプレゼントがついています。



厚手の上着を買うつもりでいたんですが、買ってなくてよかった!!
ただし、ズボンのサービスはないので、水を通さない厚手のズボンは必需品。あとは露出部分を保護するための帽子やフェイスカバー、マフラーなど。



それになるほどと思ったのは、手袋はぬれることも考えて2組あると便利っていうプチ情報。オーバー手袋として、スーパーに売っているゴム手袋があれば完璧と教えてもらいました。









↑これ。安くていいですね。





船内にいる分には、ジーンズにTシャツでも問題ないくらい温かいそうです。




というわけで、どうやら真冬の北海道へ行く程度の服装を想定していけばよいのかな?




②持ち物


特にあると便利と記されているものを紹介します

・サングラス・日焼け止め・水着!?(南極の海にダイブする企画があるとか…)・双眼鏡・カメラ・予備のバッテリー・カメラを入れるジッパー付きビニル袋(塩水からの保護)・酔い止めの薬・その他常備薬



詳しくはこちらのホームページを参照ください→こちら




南極だからといって、それほど特別な準備はいらないようで安心しました。




しかし、一つだけ大きな問題が…



うにまるたちのツアーは帰りは小型飛行機を利用するため、荷物の重量制限があります。




預ける荷物15kgまで、手荷物5kgまで…





おいていけるものを分けてみました↓










まだ着られる服や使いかけのシャンプーなど、ホステルのお兄さんにプレゼント。




どこかで売ろうと持ち歩いていた壊れたカメラのレンズも手放しました。それからお守り代わりの『指差し英会話」。考えてみるとほとんど使う機会もなかったな。いまやスマホやパソコンに翻訳機能があるので便利ですよね。




つまり、あってもなくてもよいものをいつも持ち歩いていたってことですね。旅は身軽がいちばんです。





【注意点】



これから書くことは、たまたま起きたことなのか、ラストミニッツツアーでは気をつけなくてはいけないことなのか、
よくわからないのですが、これから参加を考えている方は参考にしてください。



ウシュアイアではたくさんの旅行代理店がラストミニッツツアーを取り扱っています。
うにまるたちが申し込んだツアーはいくつかの代理店で「12/10~18 10日間」と売り出していました。



実はこの時点で、この情報に誤りがあるんですが、お気づきですか?


10日から18日だと10日間ではなく、9日間ですよね。


で、催行するツアー会社のHPを見ると12/10~19 10日間のツアーになっています。
日程を確認すると、そのうち10日と19日はホテル泊。クルーズ&フライとは11~18日。



そして、どうやらうにまるたちの申し込んだラストミニッツツアーには、このホテル泊は含まれていないということが判明しました。旅行代理店からはHPの日程をコピーしたものを受け取っただけだったので、そのことに気づくのが遅れたんですね。



昨日になってあれ?なんかへん?って思って確認に行ったところ、代理店の店長は「ホテルの宿泊は含まれてなくて
、ラストミニッツを申し込んだメンバーは、10日の夕方に港に直接行けばいいんだよ」と言いました。
それで帰りの飛行機についても19日に帰着すると言います。



ええ~?それって申し込んだときに言われたことと違うじゃん!!




ツアー会社がだしているHPの情報と見比べても、どうにも府に落ちない点が多いのです。で、再び代理店に聞きにいきます。こんなことが申し込み時から何回かあり、かなりの時間と体力を消耗しました。



結論をいうと、代理店は取り扱っているツアーの日程について詳しく理解していません



そして、代理店から問い合わせてもらった、ツアー会社の電話対応の兄ちゃんも詳しく理解していません




変だな?って思って、こちらが質問しなければ、正しい情報を入手できない可能性があるということです。
格安ツアーなだけに公式情報と違う点もあることを学びました。やはりここは異国です(笑)




結局うにまるが参加するツアーは「12/11~18」で、11日に出航、18日にプンタアレーナスに飛行機で帰着します。これはHPの情報とも合致するので間違いはないと思うのですが、これを確認するまでに代理店とどれだけのやり取りがあったかを思い出すだけで気がめいります。





今回はとくにいろいろな事情が重なっただけだとは思うんですけどね…。





それにしても、「10日発だよ。港に行けば大丈夫。」って店長から言われたのは昨日のこと。それを鵜呑みにしていたら…。




これからラストミニッツツアーを予約しようと思っている皆さん、日程及び、何が含まれて、何が含まれないのかをしっかりと確認することをおすすめします!!!





ちなみに転んでもたたでおきないおばさんパワー。ちゃっかり、12/10分のホテル代をゲットしてきました。




現在最大の問題は、明日1日何しようかなぁ…てことです。


*****************
世界一周ランキング参加中
↓ポチっと願いしま~すU^ェ^U
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
【1日1回有効】
*****************
関連記事

| 旅の覚書 | 07:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013/12/10 08:28 | |

管理人のみ閲覧 様

有力情報、ありがとうございます。
南極の報告、楽しみにしていてください(*^_^*)

| うにまる | 2013/12/10 21:19 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://unidonworld.blog.fc2.com/tb.php/517-0684c5f0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。