自然観察系世界一周 うに丼日記

うにまるが世界をどーんと旅した自然観察系旅ブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

南極海でオルカを追う!!

=================
うに丼日記へようこそ!
はじめましての皆様→自己紹介です

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
=================

こんにちは、うにまるです( ´ ▽ ` )ノ






街全体のWi-Fiが使えなくなっちゃうってそんなのあり?ようやくネット復旧です。こちらは真夜中2:00過ぎです(眠)







そんな本日は、冬至ですね。かぼちゃの煮付けが恋しいです。こちらは夏至なんですよぉ~。22時を過ぎても明るいわけだ!!なんだか不思議。





今日は南極でオルカに遭遇しちゃったお話。オルカっていうと可愛いけど、あの海のギャンク、野生のシャチに大接近しちゃいました!!






出会ったのはこの入り江のような場所。












うにまるたちはゾディアックボートに乗ってこの美しい景観を楽しんでいたところでした。








ちなみにゾディアックボートってのは、普通のゴムボートよりもずっと高性能なボートで、海上レスキューとか軍用とかにも使用される高価なボートらしいです。



PC166917.jpg




船にはこれが10艇も積んであって、結構スムーズに乗り降りできます。5日間で9回も乗船しました。っていうか、これに乗らないと、島にも降りられないんで、南極クルーズにはかかせない大切な乗り物です。






こういう技術のおかげで、うにまるのような軟弱者でも手軽に南極に行けちゃう時代なんですね。エンジンはYAMAHAですよぉ。日本万歳!!




DSCN4152.jpg



乗るにはいくつかの手順があって、まずは乗船名簿にサインをします。











帰ってきたら再びサインをすることで、行方不明者が出ないように管理されてるんです。サインを忘れた人が放送で呼び出されていることもありました(笑)






それから、乗船前と乗船後には長靴を洗浄。動物の糞などがつくからという説明だったのですが、保護のためなのか、衛生のためなのかは聞き取れませんでした。どっち?









長靴は保温性が高いもので、クルーズの期間中はマイブーツとして借りることができます。




fc2blog_20131222134237356.jpg





これのおかげで足が冷えることもなく快適!!






で、いよいよ乗船。船からはしごが降ろされ、そこに横付けされたゾディアックに乗り込みます。ゾディアックはクレーンで上げ下ろしてました。




DSCN4114.jpg



みんなが着ている黄色いパーカーも、初日に配給されたもの。なんと、これはお持ち帰りできます。まあ、かなりごついし、交通整理の人みたいだし、日本で着る機会はあるのかなぁって感じなんですけどね(笑)







厚手のフリースと厚手のレインウェアという二重構造で、とにかくあったかいです。パーカーの中は、長袖シャツとタートルニット、寒いときはフリースな感じで問題なしでした。






ズボンは自前。うにまるはスキーパンツのような防水パンツを事前に買っていたのですが、これも大活躍でした。プエルトナタレスの20%OFF製品に感謝!!ズボンの下にはタイツとスパッツ(レギンスっていうの?)






…服装の紹介が終わったところで、オルカのお話。すっかり話がそれてしまいすみません(^_^;)






いや、これ、本当にすごいラッキーだったみたいなんです。






船から見られることはあっても、ボートから見られることは滅多にないんだって!!





しかも、そのときうにまるたちが乗っていたボートのドライバーがオルカ好きの海洋生物学者。






で、我々の前に現れたのがこれ!!





PC156486.jpg




その瞬間、彼の目の色が変わりました。9年南極に通って、ボートからの遭遇は5回目なんだそうです。






そして、追跡が始まりました。合計7艇のボートでオルカを囲むようにして湾の隅へと追い詰めるようです。








と、その瞬間!それが目の前に飛び出したんですっ!!!!!






オルカ大接近ーーーーーっ





PC152641.jpg





手前に写っているのがうにまるたちのボートです。






どれだけ近いかわかっていただけるでしょうか!!!





ちなみに上の写真はアヤコさんが撮影したもので、いつも望遠レンズが装着されている(ノーマルなのが壊れちゃったから)うにまるのカメラが捉えた映像はこちら↓





PC156460.jpg




入り切ってないし、アヤコさんより出遅れてる。反射神経は年の差かっ(笑)





でもすごい迫力でしょ?






連写モードのカメラが捉えた次の映像はこちら↓





PC156461.jpg





もうね、あっという間のできごとだったんです。






けれども、確かに目の前にオルカの顔が現れたんです。それをこの目で捉えたんですっ(≧∇≦)






それは突然、海の中から飛び出して、そして次の瞬間には漆黒の海の中へと消えていきました。





胸が震えるって、こういうことなんですね。一期一会って言葉があるけれど、まさに一瞬だけの出会い。でも、それだけでも十分満足でした。それくらいのすばらしい出会い。






そして、このあとも大追跡は続きます。オルカは何頭かいたようで、時々思ってもいないところに背びれが現れます。






そしてついに湾の最奥かと思うところで、オルカたちは方向転換し、ゾディアックの包囲網(?)をくぐり抜けました。






またしても海洋学者の腕が光ります。猛スピードで追跡。距離はあるもののオルカと並走。うにまるたちのゾディアックはオルカと一緒に南極の海を駆けました。










そして回り込んだところで、再び大接近ーーーっ!!!





なんと、オルカがうにまるたちのボートの真横をくぐり抜けていきました。






す、すごい。凄すぎるぅ~!






ありがとうクリスチャン(ドライバーの名前)!!!






水の中を泳ぐオルカの姿。それはものすごい勢いで通り過ぎ、一瞬の恐怖と共に過ぎ去りました。






さすがのクリスチャンはその様子をしっかりデジカメムービーで撮影。三脚をつけたデジカメを海に突っ込むという手法です。






信じられない!!!






つるりとしたボディーに真っ白な斑紋。水中をするりとすべるような流線型のフォルム。それがボートの真横をすり抜けたんです。






海のギャングと恐れられるそいつは、どこまでも美しい生き物でした。




PC156512.jpg





あの緊迫感と高揚感。





この日、アヤコさんが撮影した写真はみんなから絶賛され、一躍有名人に!だってあんなにオルカの間近にいたのはうにまるたちのゾディアックだけだったんですよ。それに、水面にその姿全体を現したのもたぶんあの1回きり。




どんなにすごいカメラを持っている人でも、今回の勝負(?)は我々クリスチャンチームにはかなわなかったはず
ヾ(@⌒ー⌒@)ノ





クリスチャンの執念の大追跡に拍手ーーー!





そして、なんてラッキーだったうにまるたち。





思えばうにまるの人生はいつもこの"運"に助けられている気がします。どうやら強い守護霊がついているらしいですよ。眉唾ですけどね。







とりあえずご先祖様には感謝申し上げねばなりません。





夢中になってオルカを追跡しているうちに気づけは2時間。忘れていた寒さも戻ってきました。体はそれほど冷えなくても、ボートの上では顔が痛いんです(T_T)





唇も乾いてカサカサです。






でも、そんなの全然気にならないくらいの感動のひと時でした。







さて、次回はこれでもかっていうくらいに何度も会った可愛いあの子たちを紹介したいと思います。どうぞお楽しみに(^O^)/


*****************
世界一周ランキング参加中
↓ポチっと願いしま~すU^ェ^U
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
【1日1回有効】
*****************
関連記事

| 南極2013.12 | 14:10 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

オルカ大接近、すごいですね!
読んでるこちらが鳥肌立ちました!

三脚ごとカメラを水中に入れるって、さすがプロ。大胆な撮影方法をするのですね。
(余談ですが、その道のプロの本を読んでたら、マイクもぽちゃんって水中にいれて録音するのだけど、防水用にコ○ドーム被せるらしいですよ 笑 )

| shino | 2013/12/22 14:54 | URL | ≫ EDIT

shino 様

共感ありがとうございます。
地球は本当に美しい星なんだなって改めて思いました。マイクを使っての録音技術(?)、なんというか、そりゃすごいアイディアです(笑)
考えた人ナイス!!

| うにまる | 2013/12/22 15:32 | URL |

黄色いパーカーは、かわいい小学生の登下校を見守る時に着用してはいかがでしょうか…w

オルカとあれだけ接近できるなんて、
うに様はホント強運ですね♪

ところで…
気になることが一つ…
オルカ臭ってありましたか?
南極は寒すぎて、においはないし、ウイルスも繁殖できないと何かで聞いたような気もしますが…

| すぶた | 2013/12/22 21:48 | URL |

すぶた 様

幸運にもほどがある感じで、ひそかにしっぺ返しを心配している今日この頃(笑)
オルカ臭…!!!
あまりに一瞬のことでまったく記憶にありません。昨日、南極点へ行ったという人にあったのですが、内陸部へ行くと、生物は存在せず、無臭だったそうです。しかもチリもないので氷点下10度以下でも吐いた息が白くならないんだって!息が白くなるのは水蒸気が空気中のチリと混じって乱反射するからなんだとか…。鼻のなかがガビガビに凍ったって言ってました。アラスカで鼻水が凍る体験をするのが、ちょっぴり楽しみです。

| うにまる | 2013/12/23 22:08 | URL |

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2016/12/23 00:30 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://unidonworld.blog.fc2.com/tb.php/525-7e143885

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。