自然観察系世界一周 うに丼日記

うにまるが世界をどーんと旅した自然観察系旅ブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【 総集編1】多国籍ツアー in アフリカ

=================
うに丼日記へようこそ!
はじめましての皆様→自己紹介です

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
=================

おはようございます、
うにまるです( ´ ▽ ` )ノ




本日より12回シリーズで総集編をお送りします。おつきあいいただけたら嬉しいです。それからランキングクリック、なんだか想像をはるかに超えたすごいことになっていて、もう十分満足な結果です。ほんと、いい記念になりました。みなさんありがとうございました。




それでは、多国籍ツアー in アフリカについてドーンとふりかえってみましょう!!ヾ(@⌒ー⌒@)ノ




うにまるの旅のスタートとも言えるアフリカ。南アフリカのケープタウンから、ナイロビのケニアまで、トラックに乗って陸路で回る多国籍ツアーに参加しました。





チリアタカマ月の谷 11




トラックといってもちゃんと観光用に改造されていて、大型のキャンピングカーのようなものです。




荷台には座席や個人のロッカーがあり、広々と使えます。電源も確保されていて、冷蔵庫もあればスマホやカメラのバッテリーなどちゃんと充電できるので心配いりません。




IMG_7642.jpg




IMG_7641.jpg




IMG_7643.jpg




ツアーに申し込んだメンバーは現地のホテルで集合します。参加者は様々な国のメンバー。だから多国籍ツアー。陸路を移動する今回のようなタイプはオーバーランドツアーとも呼ばれます。




IMG_7512.jpg




だいたい毎日8〜13時間くらい観光しながら移動します。延泊の日もあれば、移動だけの日もあります。ガタガタ道もだと聞いていたので心配していたのですが、少し前よりずいぶん改善されているようです。いすのクッションも悪いというほどではなく(けしてよくもありませんが)、一人で2座席ゆったり使えたし、それほど苦にはなりませんでした。




宿泊・食事は基本はテントと自炊。食事に関しては同行のコックさんが中心になってくれますが、食事当番や掃除当番など、自分たちのことは自分たちで行う合宿スタイル。テントや調理器具、食材、食器などはトラックの下の部分にすべて収納されています。このトラック、最強です。



IMG_7629.jpg



IMG_9655.jpg



キャンプ場は綺麗なところが多く、併設のプールやバーが利用できるところもけっこうありました。トイレ・シャワーも標準です。



IMG_8609.jpg



IMG_8676.jpg



ときにはなにもないブッシュでキャンプがあったり



ナミビア 43




ナミビア 40





IMG_8215.jpg
寝袋は自前ですがマットレスはかしてもらえました




ジンバブエ 16
まったく人気のないところでの野営は特に印象に残りました





時にはテントサイトにテントが用意されていたり…


IMG_8537.jpg


IMG_8539.jpg
テントの中にはなんとベッド






お昼ご飯は道路の脇に車をとめて食べることが多かったかな



IMG_7700.jpg




場所によってはキャビンやホテルにも泊まりました。



IMG_9670.jpg





IMG_0257.jpg
いちばんリッチだったザンジバルのホテル



IMG_0255.jpg
眺めのいいテラスまでついていたし…





そういうときには、食事は自費で街に食べにいきます。ツアーメンバーでツーリスト向けのお店へ行くことが多く、結構な出費になりました。



IMG_7962.jpg



IMG_7963.jpg




でも、異文化交流できる無料英会話スクールと思えば安いかも(笑)




コックさんが作ってくれるキャンプ料理はこんな感じ↓




IMG_7689.jpg
基本の朝ご飯。トースト、卵、コーヒー、果物、ジャムなど


IMG_8331.jpg
基本の食材を自分で好きなように…チョコバナナパン!



IMG_8196.jpg
パンケーキを焼いてくれた朝も!


IMG_7645.jpg
お昼ご飯。パスタ(マカロニ系)やオープンサンドが中心



IMG_7782.jpg
野菜たっぷり




IMG_8156.jpg
バンズパンだったり食パンだったり…




IMG_7737.jpg
夕飯は肉料理が多かったけど、野菜もたっぷり




IMG_9915.jpg
パスタとかカレーの日も!




IMG_7686.jpg
KFC(ケニヤ・フライド・チキン)




IMG_8217.jpg
本格BBQ



これが、うにまるを減量に導いてくれた食事です。夕飯には必ずスープ(ポタージュ系多し)がついてきたのもポイント高し!セルフ方式なので盛れるので、野菜多めに食べるようにしていました!





ただし、多国籍ツアーの食事は料理人の有無や腕前などに大きく左右されるので、あたりはずれがあるようです。おいしい料理を作ってくれた料理人のダン(黄色い服)↓




タンザニア 16
料理上手なうえにイケメンです(写真写りイマイチ)





実はこのダンと結婚しないかという話題で盛り上がったことがあったのですが、よく聞いたら「第三夫人」だというのでお断りさせていただきました(笑)アフリカにはまだまだ一夫多妻系の国が多く残っているようです。彼はケニア人





ちなみに、ご存知の通りうにまるの英語は中学生並か下手するとそれ以下です。それでもなんとか乗り切ることができました。ツアーメンバーがめちゃめちゃ助けてくれますので言葉の壁は問題ないと思います。もちろん話についていけないことはたびたびでしたけど。日本で異年齢の合宿生活が送れる人であれば、海外でも問題ないと思います。ただ、合宿生活が苦手な人は致命的かもしれません。





とっても親切だったメンバーたち。




ナミビア 18




ナミビア 10




チリ・アタカマ月の谷 07




タンザニア 23




宿泊はテントも含め、基本的に2人部屋なのでルームメイトとはとくに仲良くなりました。





そんなメンバーで周ったアフリカの絶景の数々がこちら↓
興味のある写真がありましたら「カテゴリー別一覧」で当時の記事をさがしてみてください。




南アフリカ 12
テーブルマウンテンからの眺望(南アフリカ)



ナミビア 39
真っ赤なナミブ砂漠(ナミビア)





ナミビア 49
砂漠のオアシス・エトーシャ国立公園(ナミビア)




ボツワナ 17
生き物の楽園オカバンコデルタ(ボツワナ)




ジンバブエ 10
ヴィクトリアフォールズ(ジンバブエ)



ジンバブエ 05
滝からのしぶきで大きな虹が!(ジンバブエ)




マラウイ 14
キャッサバタワー(マラウイ)




マラウイ 16
笑顔がいっぱいの市場(マラウイ)





ザンジバル 16
ザンジバル島の青い海(タンザニア)



ジンバブエ 15
カラフルな日曜市(ジンバブエ)



タンザニア 27
バナナがいっぱい(タンザニア)




タンザニア 03
マサイマーケット(タンザニア)




ジンバブエ 31
サバンナに沈む夕陽(ジンバブエ)




ボツワナ 20
ウォーキングサファリ(ボツワナ)




タンザニア 65
サファリ(タンザニア)



ナミビア、ボツワナ、ジンバブエ、タンザニア…、それぞれの国でサファリをしたけれど、どこもそれぞれ特徴があって楽しかったな。サファリで出会った動植物(ほんとに一部です)



ナミビア 52


タンザニア 56


タンザニア 54


タンザニア 52


ボツワナ 38


ボツワナ 35


タンザニア 49


タンザニア 08


タンザニア 32


タンザニア 50



時には車がスタックしてみんなで押したことも(笑)



ナミビア 07





多国籍ツアーの良い点は…

・安全 ・安心 ・効率的
・個人ではできない経験ができる
・外国人の友達ができる
・荷物が保管できる(お土産増えても安心)
・日本ではあまり知られていないような場所にも行ける


気になるお値段


ケープタウン→ナイロビ(45日間) およそ45万円

リマ→リオデジャネイロ(60日間) およそ57万円



さらに詳しく知りたい方(英語サイト)

イントレピッド社(アフリカツアーで利用)

ドラゴマン社(南米ツアーで利用)

※ほかにも多数の会社が催行しています。また、ツアーの数もびっくりするくらい多いです。



なお手続きを代行してくれる日本のツアー会社もあります。

日本で唯一「旅行」を扱わない旅行会社。扱うのは「旅」

地球探検隊

ここのオリジナル商品で多国籍ツアーを日本人で貸し切る「大人の修学旅行」は多国籍ツアーに行ってみたいけど言葉が心配という方にはおすすめです。他にもおもしろい「旅」商品を扱っています。





え〜っと、こんな感じでまとまってるような、まとまっていないような総集編があと11回続きます。どうぞよろしく

*****************
世界一周ランキング参加中
↓ポチっと願いしま~すU^ェ^U
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
【1日1回有効】
*****************
関連記事

| 旅の覚書 | 12:30 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おかえりなさいませ^^
ずっと応援していました。
ちゃんと安全にお金をかける、という所は私も同意見でうれしかったです。
特に宿は多少高くても快適な所を選んだ方がいいですね。
疲れをとる場所であり、次の目的地へ向けて準備する場所でもあり、海外で唯一ほっとできる?(気を抜ける?)場所ですもんね。

私はアフリカに興味のあった時期もありましたが、G(害虫)の出るバスで移動という記事を見たことがあり、それならもっと旅行しやすくなったら行くくらいでいいや、という思いに変わりました。

多国籍ツアーを使ったら、その辺の問題も解消しつつ、快適に旅行できそうでいいですね!
うにまるさんのブログを見て、多国籍ツアーに興味を持ちました。
ブログに書いてくださったこと、本当にありがとうございます。

今回初めて、思い切ってコメントしてみました。
もう終わっちゃうと思うと寂しくて‥記念?に。
次回旅立つ時はまたこちらのブログが更新されるんでしょうか。
国内日帰りとかでも更新していただけたらうれしいな!

| 2 | 2014/02/04 16:03 | URL |

2 様

コメント、応援ありがとうございます(*^_^*)
多国籍ツアーは大雑把に言うと、ツアー旅行と個人旅行の中間的な感じです。そしてツアーメイトたちと異文化交流できるのも楽しいです。自分が楽しかったことは、人に教えたくなりますし、ましてそれがお役に立てたなんて嬉しいです。うにまるが参加したイントレピットはやや高めの価格設定ですが、信頼できる内容でした。
旅行に出るときはブログを再開したいですが、いつになるかは未定です。

| うにまる | 2014/02/04 21:45 | URL |

 すみませんが質問があるのですが、海外でwifiを使うのって

日本語のYAHOOとかにつながるものなのですか?

 こないだタブレットを持ってパリに行ったのですが、空港で有線で空港のホームページのようなものにつながっただけでしかもフランス語か英語らしく全くちんぷんかんぷん。

 家ではyahooの日本語でブッキングコムとか旅行の下調べとかしてるけど海外でその作業ができるか不安・・・

 アラフィフのおばさんなもんでメカにはめっぽう弱い・・

| グレープ | 2014/02/04 23:13 | URL |

多国籍ツアー

うにまるさま


多国籍ツアーはとっても興味がありましたので、情報ありがとうございました。これも私の今後のOPTIONのひとつにしたいと思います。

いくら健康で体力はあるといっても、さすが20-30代の若い人達には負けますから、どこかで楽(?)をしないとね。

これからもうにまるさんのBLOGを読むのを毎日楽しみにしております。

こちらのcommentはOpenでかまいません。

| はろうきてい in Chicago | 2014/02/05 07:57 | URL |

アフリカ~♪

アフリカに行った気分になりました!
特に夕日や虹。
すてきですね~(^^)

アフリカなんて、それも外国人とキャンプなんて、行きたいけど無理無理!と思っていたけど、うにまるさんのハナシを読んで行けそう!と思いました。

宿泊地や食事の写真がたくさんアップされているので、あ~こんな感じなんだと参考になりました。

いや~ほんと、貴重な体験をされましたね。
いいな~~(^0^)

| マロン | 2014/02/05 23:59 | URL |

グレープ様

コメントありがとうございます。お返事が遅くなり、大変申し訳ありませんでした。見てくださっているといいのですが…。

お気持ち分かります!!まったく同じでした。

海外でWi-Fiを使う場合にはおもに4つの方法があります。
①そのままつなげてそのまま使える
②パスワードを入れないと使えない。
③つながるけど、名前やメアドをいれないと使えない
④手続きをすると有料で使える

グレープさんの場合はおそらく③のパターンではないかと思います。空港などに多いパターンで、その国の言語で表示されたりします。たまに④の場合もあります。

一度Wi-Fiがつながれば、日本と同じように使えますが、どこでも使えるというわけにはいかないようです。ホテルやカフェなどでは、パスワードを教えてもらって入力するパターンが多いです。

こちらのブログの方がとても丁寧に書いてくださっているのでよろしければ検索してみてください。 http://www.monie.jp/howto/20120324-224145.html

| うにまる | 2014/02/07 10:09 | URL |

はろうきてぃ 様

コメントありがとうございます。
お役に立てることがあり、とても嬉しいです。多国籍ツアーはうにまる的にはとても楽しかったです。年齢層も必ずしも若い人ばかりでなく、シルバーの方が参加しているのこともしばしばのようです。海外のシルバー世代は若者より若いのがすごいところ。うにまるもまだまだがんばりたいと思います!

| うにまる | 2014/02/07 10:13 | URL |

マロン 様

そうなんですよ。飛び込んでみたら意外とハードルは低かった気がします。アフリカってヨーロッパの人たちから見たら、わりとメジャーな旅行先のようです。ツーリスト向けの施設はヨーロッパテイストでびっくりです。もちろん現地はライフラインもまだまだ整っていないので、水汲みや薪拾いをしている女性や子どもをみかけることしばしば。でも、宿泊施設の中はまったく別世界。アフリカを身近に体感という訳にはなかなかいきませんが、それでも普通のツアー旅行に比べたらぐっと身近に感じられたんではないかと思います。短いものは5日程度から、長いものは100日以上のものまでアフリカだけでも数多くのツアーが組まれています。

| うにまる | 2014/02/07 10:22 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://unidonworld.blog.fc2.com/tb.php/577-415224ba

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。