自然観察系世界一周 うに丼日記

うにまるが世界をどーんと旅した自然観察系旅ブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【総集編9】世界の街歩き

=================
うに丼日記へようこそ!
はじめましての皆様→自己紹介です

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
=================

こんにちは、
うにまるです( ´ ▽ ` )ノ



写真が多すぎて、またしても途方に暮れていました。
世界一周へ出かける方、写真は精選しながら保存した方がいいかもしれません。雑に撮りためた2万枚の写真をどうにもせいりしきれずに、宝の持ち腐れ的なうにまるです。







それでは、総集編第9弾は世界の街の様子をドーンとふりかえってみましょう!!ヾ(@⌒ー⌒@)ノ



って思って、これはと思う写真を抜き出してみたら300枚以上ありました(笑)
そんなわけで、さらにその中から印象に残った街の様子をうにまるが訪れた地域別にアップしてみたいと思います。





アジア


今回の旅行では、香港とマカオにしか行っていないので、このくくりはいかがかとも思いますが…。
たくさんの人でにぎわう香港の街、カジノ都市マカオの路地裏、そしてなんといっても美味しい食べ歩きの思い出。今思うと、もっともっと食べ歩いておけばよかったなぁ…。道祖神的な神様やお社もいっぱいあって信仰心のあつさも感じました。

IMG_7352.jpg
尖沙咀地区(香港)

P4290868.jpg
昔の農村の面影を残す街(香港錦上路駅より)

P4280819.jpg
タイパ地区(マカオ)

P4280818.jpg
道祖神的な神様?(マカオ)

IMG_7301.jpg
カレー味のおでん的なもの(マカオ)

IMG_7319.jpg
白粥と小籠包(香港)






アフリカ

アフリカと聞くと、ついつい未開の地を想像しがちですが、都市部の発展は目覚ましいです。ヨーロッパの国の植民地だったという歴史をもつ国々はそうした文化の影響を受けるので、ヨーロピアンな街並も多いです。これは南米でも感じました。うにまるは、そうした歴史がきちんと頭に入っていなかったので、たぶんしっかり勉強しておくと、街歩きはもっと楽しくなるんだと思います。

もちろん農村部と都市部の格差は非常に大きく、都市部周辺に広がるスラムも少なくありません。しかし、そんな環境にも負けない、人々の熱気と大らかさはどこからやってくるのか。インフラの整備はもちろん必要だと思いますが、発展とは何かということを深く考えさせられました。

IMG_7488.jpg
ケープタウンの鉄道駅(南アフリカ)

IMG_1306.jpg
治安の悪化が懸念されるナイロビの都市部(ケニア)

IMG_9488.jpg
首都の繁華街(ジンバブエ)

IMG_0193.jpg
ザンジバルのストーンタウン(タンザニア)

IMG_8566.jpg
人であふれかえるトラック(ボツワナ)

IMG_8887.jpg
土産物屋の売り子さん(ジンバブエ)


IMG_7970.jpg
おしゃれなカフェ(ナミビア)


IMG_0237.jpg
ザンジバルのナイトマーケット(タンザニア)

P6043682.jpg
たくさんのバナナが並ぶ青空市場(タンザニア)

IMG_9812.jpg

市場に山積みされた魚(マラウイ)

IMG_8306.jpg
店に並んだ民芸品(ナミビア)


IMG_8978.jpg
インパクトのあるお面たち(ジンバブエ)




ヨーロッパ


年月を重ねた建物の数々。洗練された街並み。歴史のもつ重みって、すごいなって思います。基本的に都市にはあまり興味のないうにまるでさえ、こうやって写真を見返しながら、ヨーロッパの街歩きはなかなか悪くなかったなと思ったりします。いつの日か、ユーレイルパスを利用して、ヨーロッパ各国を歩き回ってみたいです。


IMG_1845.jpg
バッキンガム宮殿(イギリス)

IMG_2849.jpg
ミラノ(イタリア)


IMG_4576.jpg
バルセロナのグエル公園(スペイン)

P7035639.jpg
ベネチアのサンマルコ広場(イタリア)

P7187197.jpg
ジェノバの街並(イタリア)

P6275264.jpg
ドブロブニクの街角(クロアチア)

P6265143.jpg
猫も絵になる街(クロアチア)

IMG_3448.jpg
インスブルック郊外のかわいいお家(オーストリア)


P7318261.jpg
トレドでみかけた窓辺(スペイン)

IMG_1474.jpg
地下鉄駅(イギリス)


IMG_3988.jpg
ニースのおしゃれな清掃車(フランス)

P7197279.jpg
ニースのレストラン(フランス)

IMG_4845.jpg
トレドのカフェ(スペイン)


IMG_4611.jpg
バルセロナの街角にて(スペイン)

IMG_4040.jpg
南仏のお土産物(フランス)

P7025542.jpg
ベネチアのお土産物やさん(イタリア)


IMG_1654.jpg
骨董市(イギリス)

P7267995.jpg
バルセロナの市場(スペイン)

P7267993.jpg
バルセロナの市場2(スペイン)






南米(エクアドル・ペルー・ボリビア)

南米の中でもペルーやボリビアは、街の中で民族衣装の方を数多く見かけたり、露店が軒を並べていたり、昔ながらの生活が息づいている、そんな印象を受けました。今回の旅でいちばん心に残った地域でもあります。真っ青な空、鮮やかな大地。富士山よりも高い地域にもたくさんの人々が住み、大きな街が形成されていました。

IMG_6118.jpg
アキレパの白い街並(ペルー)

IMG_7195.jpg
活気にあふれるラパスの街(ボリビア)

P9020982.jpg
チバイで見かけた売り子さん(ペルー)

IMG_5458.jpg
鉄格子で守られているグアヤキルの商店(エクアドル)

P8189652.jpg
無許可で建てても数年すると居住権が認められるらしい(エクアドル)

P8189707.jpg
家族でにぎわうグアヤキルの公園(エクアドル)


P8219782.jpg
恋人たちの公園にある大胆なオブジェ(ペルー)


IMG_5388.jpg
商品にその場で「ECUADOR」と書きこんでくれた

IMG_7469.jpg
カラフルな土産物が並ぶ店頭(ボリビア)

P9020950.jpg
チバイの市場(ペルー)

IMG_6152.jpg
アキレパの市場(ペルー)

IMG_7624.jpg
市場ではほとんどが計り売り(ボリビア)

IMG_7136.jpg
売り方が大胆すぎる…(ボリビア)

P9020953.jpg
ときには鳥も商品に群がります(ペルー)


IMG_5494.jpg
定食250円なり(ペルー)

IMG_5411.jpg
安くて美味しいエンパナーダとフルーツ(エクアドル)

IMG_6564.jpg
メレンゲのデザート屋さん(ボリビア)

IMG_1919.jpg
少量の油で調理ができる屋台の工夫(ボリビア)

IMG_1915.jpg
ウユニのハンバーガー屋(ボリビア)




南米(チリ・アルゼンチン・ブラジル)

同じ南米でもアルゼンチンの街はヨーロピアンな雰囲気に包まれているし、ブラジルは底抜けに明るく、また都市も発展しているなぁってのがうにまるの印象です。南米は本当に目に飛び込んでくる色が明るい!!人も明るい!!そんな雰囲気が大好きになりました。アルゼンチンの巨大なステーキ、エンパナーダに似たブラジルのパステル。美味しい物もたくさんありました。


PA052871.jpg
大都市ブエノスアイレス(アルゼンチン)

PA052861.jpg
ブエノスアイレスの鉄道駅(アルゼンチン)

IMG_8682.jpg
東京のようなサンパウロの街角(ブラジル)

IMG_8690.jpg
サンパウロの日本人街(ブラジル)

IMG_8527.jpg
リオのミルクスタンド(ブラジル)

IMG_8437.jpg
何とも陽気なウォールアート(ブラジル)

IMG_8436.jpg
パラチーの明るすぎる窓辺(ブラジル)

PA213786.jpg
入り口がカラフルなおうち(ブラジル)

IMG_9435.jpg
キュリティが厳重な地域は要注意(チリ)

IMG_8417.jpg
道ばたで売られるプール(アルゼンチン)

IMG_8977.jpg
サンパウロの市場(ブラジル)

IMG_8982.jpg
エンパナーダに似たパステル(ブラジル)

IMG_8972.jpg
サンパウロの市場に並ぶ香辛料(ブラジル)




南米(パタゴニア)

南米の最南端に位置するパタゴニア。この最果ての地に作られた街は明るい色で彩られています。南半球の最南端て、北半球でいう最北端ということで、ほんとうなら寒くて荒涼としたイメージなんでしょうが、街の明るさがその雰囲気を払拭してくれています。交通の便が非常に悪いこともあり、物価が高いのが痛いところ。とくに美味しい物にも出会えなかったけど、シーフードはなかなかでした。土産物はウール製品や原住民をキャラクター化したものなど、かわいいものがたくさん


IMG_0400.jpg
パステルカラーのお家(プエルトナタレス)


PC105890.jpg
カラフルなお店(ウシュアイア)

PB265263.jpg
ご陽気な感じの果物屋(プエルトナタレス)

IMG_1226.jpg
英語教室かな?(エルカラファテ)

IMG_0484.jpg
なんでこんな形なんでしょうかね…(プンタアレーナス)

IMG_0571.jpg
陳列が独特な文房具屋(プンタアレーナス)

IMG_0570.jpg
お店の陳列もこの通り(プンタアレーナス)

IMG_0204.jpg
チリは全商品を並べるのが好きなようです(サンティアゴ)

IMG_0403.jpg
かわいいウールのお人形(プエルトナタレス)






北米・中米

本来ひとくくりにできる地域ではないと思うのですが、今回は帰国途中にほんの少し立ち寄っただけなので、こうして一つにまとめて紹介しちゃいます。メキシコのカンクン。アメリカのアラスカ。中米は絶対再訪したいです。はい。絶対行きますよ。そして今回行けなかった南米のコロンビア・ベネズエラもね!!


IMG_3065.jpg
フラヤデルカルメンの街(メキシコ)

IMG_3029.jpg
トゥルムの町外れ(メキシコ)

IMG_3032.jpg
派手なウォールアート(メキシコ)

IMG_2959.jpg
カンクンのタコス屋さん(メキシコ)

IMG_3004.jpg
メキシコ料理は本当に辛い(メキシコ)

IMG_2968.jpg
食事じゃなくてコーヒーをオーダーしても軽食をつけてくれる(メキシコ)

IMG_0135.jpg
コスメル島のアイス屋さん(メキシコ)


IMG_3091.jpg
スーパーで売られるサボテン(メキシコ)


IMG_3168.jpg
アラスカの大型スーパー(アメリカ)





いかがでしたでしょうか?今日の記事はやたら写真が多すぎですね。

世界の街歩きと題してまとめようと試みましたが、まったくまとまりきりませんでした。
地域ごとに紹介したら比較できておもしおろいかなぁ…なんて思ったんですけどね。紹介したい写真は貼り切れないし、それでも写真が多すぎてまとまりないし…。まあそれだけ世界は広いってことです!!

もっとも、いちばんの敗因はまだうにまる自身が世界を語るには時が熟していないというか、経験値がまったく低いってことでしょう…。

GWも残り少なくなりました。なんとか最後までいきつけるかなぁ…。
こんなぐだぐだな当ブログを応援してくださっているみなさん、本当にありがとうございます。もうしばらくおつきあいいただけたら嬉しいです。

*****************
世界一周ランキングに参加してます
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
【1日1回有効】
*****************
関連記事

| 旅の覚書 | 21:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://unidonworld.blog.fc2.com/tb.php/587-782573d2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。