自然観察系世界一周 うに丼日記

うにまるが世界をどーんと旅した自然観察系旅ブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

テングザルとホタルに会う

=================
うに丼日記へようこそ!
はじめましての皆様→自己紹介です

リアルタイム情報はFacebookページにて。写真もネット環境がよいときに順次アップ予定です→Unidon Diary

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
=================

おはようございます、
うにまるです( ´ ▽ ` )ノ





昨日鮮やかな水色にレース模様のついたズボンを衝動買いしてしまいました(^^;;
南国気分に染まりつつある今日この頃です。





それでは、本日はテングザルとホタルについてドーンといってみましょうヾ(@⌒ー⌒@)ノ






コタキナバルでMUSTな観光といえば、このテングザルとホタルを観察する「リバークルーズ」、そして「キナバル公園ツアー」なんだそうです。











どちらも出回っているパンフレットの表示価格では185リンギットですが、ツアー会社でかけあえば、かなり値引き可能です。うにまるたちは130リンギット(およそ4200円)で参加しました。たぶん、まだ下げられると思いますが、どちらも食事もつくし、コストパフォーマンス的には満足のツアーでした。謳い文句通りのMUSTなツアーだと思います。コタキナバルへ行く方にはオススメです。






リバークルーズは午後2時にホテルに迎えが来てくれます。ミニバンに乗り込み、1時間半ほどの道のりを爆走。マレーシアの運転はけっこう荒いです。












出発後しばらくは、他の乗客のホテルを回ったり、リゾートチックな街並みを眺めたり…。その後はぐねぐねとした山道を進み、目的地へ。川岸のスタート地点にはテーブルが用意され、熱いおしぼりを手渡され、ウェルカムドリンクのマンゴージュースとドーナツやココナッツをまぶしたお菓子をいただけます。サービスたっぷり(*^_^*)
























そして、いよいよボートに乗り込み熱帯の森へ。この辺りは汽水域のようで、マングローブが水の中から生い茂っています。ジャングルの木々の高さは天にも届くかと思うほど。



















あ!!!!!












いきなりテングザルのファミリーに遭遇です。体の大きいオスザル。少し小ぶりで色の薄いメスザル。そして可愛らしい子どもたち。






テングザルって名前の通り、鼻が天狗みたいに長いサルです。鉄腕アトムの御茶ノ水博士みたいな感じ。すごぉ~く人間ぽくて、愛嬌があります。







木の上を縦横無尽に移動したり、木の枝に座って、葉っぱを引き寄せては口へ運んだり。その人間ぽい表情を見ていると、なんとも不思議な感覚になってきます。





ボートはゆっくりと移動しながら、2つの群れを観察し、元の場所へと戻ってきました。





テングザルは、保護地区に行くとものすごく近くで見れると聞いていたのですが、こうして野生のファミリーをボートから観察するっていうのも、自然に近い感じでよりワクワクしちゃいます。







ちなみに、女性ガイドのマギーは日本好きらしく、漫画の話をたくさんしてくれました。日本の漫画やアニメの海外進出率は、本当にすごい∑(゚Д゚)







岸辺に戻ると夕食が用意されていました。マレー料理を中心としたバイキング形式。ミネラルウォーターも各自に1本ずつ支給されます。


















そして食事もそこそこに夕日ポイントへ移動。夕食タイムは15分くらいでしたが日頃から給食の早食いで鍛えているので問題なし∑(゚Д゚)






途中、真っ赤な夕陽が沈んで行くのが見えたのですが、海辺に着いた時には下の方にのっぺりと貼り込めた雲の中にお隠れになっていました。残念_| ̄|○

















退屈なので口から火を吹いてみたり…(笑)











そして、いよいよホタルクルーズへ。先ほどとは違う船着場からボートに乗り込みます。どちらの船着場にもトイレは完備されているので心配なし。トイレットペーパーもちゃんとついてました。





真っ暗な水面に漕ぎ出すボート。虫の鳴く声。昼の熱気を閉じ込めたような生暖かい風が、ボートが進むにつれ、その熱が少しずつ緩和されていきます。







そしてふわりと灯る小さな明かり。あちらに一つ。こちらに一つ。それは瞬く間に、光の群れに変わり、ふわりふわりと移動します。灯っては消え、また灯っては消え…。






水面をふわりと飛ぶ群れと、水に映る群れ。樹々の間に灯るイルミネーション。
目の前に現れた幻想的な風景。






ふと闇の先に目をやると、地元のおやじさんが暗闇の中、ボートの上から網を引き上げていた。ここで生活する人にはこれが日常的な風景。神秘的な風景の中、音もなく、淡々と作業を続けるおやじさん。







旅で出会うこういう風景に心が震える。自分が知らなかったこと、自分が気づかなかったことが、こうして日々繰り返されていう事実。








自分の小さな世界がこうして少しずつ広がっていく。今さらだけど、まだまだ時間はあるさ…。






さて、昨日のケンタクイズの正解ですが…









手前の丸いやつ、てっきりアイスだと思ったんですけどね…、マッシュポテトに豆っぽいソースがかかったものでした(笑)




皆さんは想像つきましたか???





次回はいよいよボルネオのジャングルに潜入。キナバル公園ツアーのお話をお届けします。お楽しみに~(^-^)/


*****************
短期旅行なのに世界一周ランキングに参加中。ポチっと願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
【1日1回有効】
*****************
関連記事

| マレーシア2014.8 | 07:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

テングホタルツアーは
観光案内所が185を160にしてくれて
受付で、うにまる力で150にしたツアーですね。
130はアペンです。やつですw

| はと | 2014/08/10 21:41 | URL | ≫ EDIT

にしても、どのツアーも
運転手、ガイド、食事もついていて
テングザルも可愛くて
本当に満足でした!
特に私のような初心者には♪

| はと | 2014/08/10 22:50 | URL |

はと、様

その通り!
最初から小さな代理店を狙ってたら両方130で行けたよね。おしい!
ガイドのアペンは、つっこみどころ満載で楽しかったなぁ…

| うにまる | 2014/08/11 07:56 | URL |

はと 様

ボルネオは楽しすぎだね!
また探検しよう!!

| うにまる | 2014/08/11 07:57 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://unidonworld.blog.fc2.com/tb.php/605-c671d1ec

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。