自然観察系世界一周 うに丼日記

うにまるが世界をどーんと旅した自然観察系旅ブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アッパーミシガンへの遠い道

こんばんは、うにまるです(^o^)丿
今日はとってもいい天気で、気分上々です。

さて、今日はアメリカミシガン州の秘境(?)とも言われるアッパーミシガンを母娘でドライブしたお話。

0587.jpg

姉の運転するカエル色の車でね!真ん中のやつですよ。

ミシガン州っていいうのは、自動車産業で有名なデトロイトがある州です。中学校のとき勉強した五大湖のうち、その4つと接しています。スペリオル湖、ヒューロン湖、ミシガン湖、エリー湖。このうち、スペリオル湖っていうのが、ミシガン州の北側にあるんですが、そのあたりがアッパーミシガン。カナダとの国境付近、北海道よりずっと北。

ちなみに、五大湖、最後の一つはオンタリオ湖。ナイアガラの滝はエリー湖とオンタリオ湖をつなぐナイアガラ川の途中にあります。

0021.jpg

ミシガン州は、デトロイトがある周辺のロウワーミシガンと、その北側に突き出した半島状のアッパーミシガンに分かれています。アッパーミシガンは風光明媚な避暑地(冬は極寒)でありながら、その移動距離の長さになかなか行かれない場所でもあります。

われら母娘は、ドライバー姉のみ、2泊3日という強行軍で旅をしました。

しかも、1泊目はフランケンムースというデトロイトから車で1時間半くらいのまち。

200408アメリカ (2)

200408アメリカ (1)

このまち、ドイツ移民のまちで、もうめっちゃくちゃかわいいんです。
夏だけどサンタクロースショップとかもあって、夜もきらきら。

夕方、出発して、どうにか夕暮前に到着。夕暮前って言っても、アメリカの夏は遅くまで明るいですからね。

200408アメリカ (10)

翌日は、夜明けとともに、ひたすらに進みます。
途中、小さなまちをいくつか抜けたり、牧草地帯を通過したり…

乗ってるだけのわたしたちは、なかなかに楽しかったけど、運転手はさぞ大変だったことでしょう(^_^;)

200408アメリカ (11)

マキナック大橋。右手がヒューロン湖。左手がミシガン湖。そして、橋の向こう側がいよいよアッパーミシガンです。

しかし、ここからが大変。アッパーミシガンに入ってから、ほとんどガスステーションが見当たらない。

早めにガソリンを入れておけばよかったんでしょうが、そうとは知らない我々は、ガス欠寸前であせりながらもひたすら前進。座っているだけでも疲れるし、ハラハラドキドキだし…

で、車内はやや険悪ムード…
いちばん疲れているのはドライバーなんだけどね(^_^;)

振り返れば、感謝の言葉でいっぱいだよ。不機嫌になってごめんね。

くたくたになってスペリオル湖のすぐそばのホテルにチェックイン。

0403.jpg

翌日の朝のお散歩。湖っていうより、海ですね。


20.jpg

200408アメリカ (13)


ホテルのすぐ近くのにはドッグヤードがありました。


0413.jpg

200408アメリカ (14)

あと灯台は、ミシガンの観光スポット。いくつもの有名な灯台があって、それを巡るマニアがいるようです。

確かに雰囲気があって素敵!!

200408アメリカ (15)

200408アメリカ (16)

朝ごはんを食べて、来た道をもどりながら観光です。

ここはピクチャードロックという公園。色とりどりの岩石でできていて、すばらしい地層群を見ることができます。まるで絵の具で塗ったように美しい断崖が並ぶことから命名されたそうです。

地層も美しいけど、湖の色も格別。スペリオル湖からボートで観光している人たちがたくさんいました。

0569.jpg

続いて、タクアメノンの滝。インディアンの言葉で、「琥珀色の水」っていう意味なんだそうです。
写真ではわかりずらいけど、こはく色っていうかちょっと茶色かったかなぁ。

うにまるたちは、この川で泳ぐ小動物を発見しました!!
残念ながら映像は動画のみ。

もしやビーバー?

…っと、盛り上がったのですが、後で確認したところ、「マスクラット」というネズミでした。撮影したビデオを改めて見てみると、確かにネズミっぽいしっぱがありました。でも、野生動物が水の中を泳いでいる姿って初めて見たかも(*^_^*)

長い長い道のり、どうにか夕暮前にスーセントマリーという町に到着。

0591.jpg

ここは、スーセントマリー運河。スペリオル湖とヒューロン湖をつなぐ運河。

2つの湖は高低差が7mもあり、船で行き来をする際には、ドッグに入り、排水したり、加水したりして、高さを調節します。

っていうようなことだったと思うのですが…。またしても、この時点でもうくたくた…。

姉の強靭さはもちろんですが、60も半ばを過ぎていた母の体力に脱帽です。

0609.jpg

マキノック大橋で夕暮を迎え、あたりはすっかり真っ暗に。写真は橋を渡ったあたりのドライブインだと思います。

さらに夜通し走って、帰宅するという姉を必死でとめ、真夜中近くに、ホテルにチェックイン。

2泊3日は、ぎりぎり3泊4日の旅になりました。でも、1泊目と3泊目は車中泊みたいなもんだな。そんな強行軍が祟ったのか、カエル色の車が故障。廃車となりました。

いやぁ、旅の途中じゃなくて、本当によかった。姉とそのカエル色の車さん、素敵な思い出を作ってくれたことに心から感謝しています。お疲れ様でした。

うにまる家の家族旅行はいかがでしたか?次回は、バリ島を訪れた女子旅のお話でも書いてみようかと思っています。お楽しみに(^o^)/





こちらもよろしく↓
YNWC的な日常

| アメリカ2004.8 | 20:32 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは…夢見る天然系、でも強靭…らしいお姉ちゃんです(なんか最低なキャラだね?天然でぼけなすなのに、象が踏んでも壊れない人物像じゃん!)

懐かしいね!ナイアガラ!あの滝は絶対見た方がいい!オススメです!とくにミノルタ・タワーからの眺めが最高!チラッとでも、いってみようかと思っている方は、ホントに今すぐGO!三大瀑布ほかの2つよりアクセスしやすいはずだし!

アッパー・ミシガンは、ガスなくなりそうでマジ焦りました(⌒-⌒; )

でも、それ以外は楽しかった記憶しかないなあ~!車内が険悪になったりしたっけ?長距離運転するのは楽しかったなあ~。車は壊れたけど…きっともう寿命だったんだよ?7年?近くのってたし、総走行距離も10万マイルを越えてたし(たしか13万マイルちょっとくらい走ってたと思う)。あとで車屋にもってったら3基あるシリンダーのうち2基がサヨナラしてた。

キミがもってきたBGM集をずっとかけていたため、あとからビデオみたら景色がアメリカなのに、日本のポップスが、ガンガンながれる映像になってた。ルパン・ザ・サードをひたすら聞きながら走ってた記憶があるよ~。すごくのれたよね!

| ぴよよん | 2012/11/25 17:59 | URL |

あーそーだ!Good Luckのサントラも活躍したよね!当時マニュアル車に乗ってたから、すごくのれた~!ギア・チェンジするとき、かなりその気になれたよ~!盛り上がった~!旅にお供に音楽!大事だね!

うんうん…事故なくかえってこれてホントによかった!(ほほほほ…)

後日談だけど、カエル車が廃車になったあと、マニュアル車を探すのが大変だったよ…。

| ぴよよんら | 2012/11/25 18:09 | URL |

ぴよよん様

カエル色の車にはいろいろとお世話になりました。
アッパーミシガン、ナイアガラ、ヨセミテは、われわれ姉妹にとっては、数少ない親孝行になったと思うな。
それ以上に自分も楽しんだけど(笑)

本当にありがとう!!

| うにまる | 2012/11/25 20:50 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://unidonworld.blog.fc2.com/tb.php/64-5ca02370

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。