自然観察系世界一周 うに丼日記

うにまるが世界をどーんと旅した自然観察系旅ブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

旅から始まる江戸切子体験

おはようございます、
うにまるです( ´ ▽ ` )ノ

今朝は、旅がきっかけで出会った、日本の伝統文化を支える若者に会いに行ったお話です。



日本文化の象徴、伝統工芸品である証のマーク。全国各地に、様々な伝統工芸品がありますが、今回訪れたのは「江戸切子」の工房です。



切子っていうのは、こんな風にガラスをカットして模様をつけること。(画像はWebより拝借)

赤や青の色が特徴なのかと思っていたけど、江戸切子は元々は透明なガラスを使っていたみたいです。

薩摩切子っていうのもあって、そちらの方が、色ガラスに細工をするルーツみたい。

ガラスの表面に色が重ねてあって、削ったところが透明になります。華やかだけど、長く飽きがこないのは透明な方なんだって。



模様には、伝統的なパターンがあり、これらを組み合わせて複雑な形を作るようです。



そんな、江戸切子の世界を体験できる工房です。

ここは、実際に作品を生み出す部屋ではなく、生徒さんたちが通うお教室。残念ながら、仕事現場はゆっくり見させていただくじかんがありませんでした。

なんてったって、このあと、実際に江戸切子体験をしちゃいましたから(≧∇≦)

ま、その前に、なんで芸術音痴なうにまるが、この工房を訪れることになったのかというと、きっかけはこちら↓



この階段を降りて行くと、もう何度も登場している「地球探検隊オフィス兼、旅するカフェバー」があります。
昼は旅行代理店のオフィス、夜はカフェバーという、このお店。昼も夜も、旅好きな人でいっぱい。

アンコールワットツアーの申し込みが終わって、この店自慢のラビカレーを食べていたうにまるに、気さくに話しかけてくれた若者2人。その一人が、彼でした。

簡単な自己紹介とか、旅の話とか…
そんな社交辞令的な話だったのに、おばさんの図々しさで、ついに工房まで押しかけることに…。



そんなわけで、いざ体験教室!!
左がうにまる、右は一緒に行ってくれた仕事仲間です。

緊張しながらやってきましたよ~



体験させていただいたのは、こんなお皿です。

下書き及び、荒摺り(あらずり)と呼ばれる最初の工程は、すでに彼がやってくれています。目の荒い刃で模様に沿って溝を削った状態です。



うにまるたちは、回転する円盤状の刃に皿を押し当てながら、最初についていた溝をさらに太い菱(V字の溝)に削っていくわけです。





溝が太くなっていくと、2枚目の真ん中あたりにあるように、模様が立体化して、浮き上がってきます。

線の太さが均一なら全体的に模様が綺麗に浮き出すのですが、うにまるの場合は時間がなくなり、真ん中だけ太く削ることになりました(^_^;)

削ることで模様が浮き出すのって、すごく、面白いです。



けっきょく時間切れで、ここまでしかできませんでしたけど…。これ、ほとんど未完成じゃんっ(; ̄O ̄)



ちなみに、うにまるたちが挑戦したのは「麻の葉切子」という文様です。

さらにこのあと「磨き」をすることで、模様が美しく輝くそうです。

最初は、ちょっとやってみようかなってくらいの気持ちだったけど、こうなると下手でもいいから、自分の手で最後まで仕上げてみたい~!!



ちなみに、彼はこの工房を受け継ぐ4代目。3代目に当たるお父様は、伝統工芸士の称号をもつ、日本の宝です!!
そのすごい経歴はこちらのHPを参照
江戸切子小林

伝統文化を、受け継ぐ人がどんどん減っていく昨今、家を継ぐというのは、並大抵なことじゃないと思うんだけど、彼は海外を旅したりボランティアしたりしたことをきっかけに、この道に進むことを決意したんだそうです。

なんか、かっこいいよね!!

江戸切子体験、ぜったいオススメなので、興味のある方は上のHPでチェックしてみてください。ちなみにお値段2000円です。



場所は、地下鉄半蔵門線または都営新宿線の「住吉」駅。地上に出たら、方向音痴のうにまるですら、迷うことのないほど、すぐ近くです。

旅から始まる江戸切子体験

ほんと、ひょんな縁から実現した今回の体験講座。たまたま旅に絡んでの出会いでしたが、実は、身近なところにたくさんの出会いがあるのかもしれません。心をオープンにして、いろいろな世界を知りたいなって思いました。

素敵な出会いに感謝!

こんなところで、今回のお話はおしまい。次回までに、少しは計画が進んでいるとよいのですが…(^_^;)

では、また週末にお会いしましょう!
関連記事

| 日本2012 | 07:04 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

いいですねえ〜江戸切り子。
未完成とはいえ、周りの未完の部分があるからこそ
真ん中のやりきった部分が映えると思えば
なかなか味のある作品の出来上がりじゃないですかっ!

| はと | 2013/01/28 00:03 | URL |

はと様

ありがとうございます!
そうですよね。対比の世界!!
ただ、未熟でもいいから、もう少し完成系を目指したいところです。次回はご一緒しましょう( ´ ▽ ` )ノ

| うにまる | 2013/02/03 09:19 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://unidonworld.blog.fc2.com/tb.php/83-8ce4dfb9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。